こはならむ 「あたしだけだったのに。」

こはならむ 「あたしだけだったのに。」 Lyrics Letra:
「おはよう」「おやすみ」が聞こえないの
ねえ、ここにあたしは居るのに
ゆらゆら揺れている心の声
いいよ、君が居なくても平気だから。

本当は最初から気付いてたの
ねえ、私たち友達の方がいいの
見ないふり 痛い 好き
静かな日々ずっと続いていたから慣れてきた頃

涙の跡はいつからか消えてしまった
君の事も
二人の時計が止まったまま
君との記憶があたしを呼ぶ

千切れた赤い糸 さよなら、ありがとう
全部知っていたのに
漂う甘い匂い してしまう無駄な期待
ああ、1人で歩かなきゃ
胸が痛な 胸が痛いや

寂しい ひとりぼっち 聞けないんだ
誰の横にいるのか なんて
くらくら揺れている 君への気持ち
あたし、強がり意地っ張りで 「馬鹿みたいだね」

約束したこと それすらも無かったことに
苦しいけど忘れたことにしてしまおう
これ以上傷を開けないように

伝えたい言葉は届かない もう居ない
全部思い出にね
愛しいその笑顔も
包んでくれるその腕も
あたしだけだったのに。

千切れた赤い糸 さよなら、ありがとう
全部分かってたのに
漂う甘い匂い してしまう淡い期待
ああ、独りで歩かなきゃ

「おはよう」も「おやすみ」も聞こえないや
あぁ、いつもの場所に集まらないよ ね
くらくら揺れていた私の気持ちは
じゃあね、1人で前に進んでみるね

%d blogueiros gostam disto: