和楽器バンド (WagakkiBand)

和楽器バンド (WagakkiBand) – IZANA

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – IZANA” Official Lyrics 和楽器バンド「IZANA」歌詞 花にも 水にも山にも 雲にも 名前のない「黄泉の民」と呼ぶその掟を守る 生命(いのち)の番人 海にも 土にも虫にも 鳥にも人にも 影にも 名前のない産まれ落ち今世に戯れて多元に色を染め上げてく もういいかいまだだよ鬼さんこちら 春夏 行(ゆ)きずり秋冬 こぞりて歴史は 変幻 黄泉の彼方雌雄(しゆう)の愛は進化に捧ぐ死の貢ぎ物となり IZANA もういいかいもういいよ鬼さんこちら 国産み 地球に夢見し 世界に文化を 織りなす 民を守り均衡保つ 万策は尽き苦渋に満ちた 脅威は 平和を 祈りて天と地 隔てるかけ橋として全ての核となりし教えを心根に刻みこむ IZANA 時は経ち 新芽の焔がゆくゆく 辿る道神韻を帯びた 音ノ絵美しく移ろう姿は夢想に まがまがしい古(いにしへ)に嘆く 言ノ葉 可視不可視 泡沫の恋は気丈に 涙雨比類ない黄泉へ 誘え 人知れず 佳境を迎え止め処なく絶え間なく 舞い降りて冴えた …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 情景エフェクター (Joukei Effector)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 情景エフェクター (Joukei Effector)” Official Lyrics 和楽器バンド「情景エフェクター」歌詞 手を離したら 行ける気がしていたの思い出がまた こんなにも増えて そんなやれない もう頑張りたくない気がつけば また逃げ出してる運命共同体 こんなんじゃ終われない列車を降り 今乗り換えて 無数に続く分岐点の中で僕らは上手に生きれるかな? 旅の切符を手に入れたんだ 新しい明日を見たい夕闇に染まる時間の 前に辿り着きたい 君がいるのならば ここで歌ってもいいかな やっぱ笑えない もう何も信じない誰にでもあるような葛藤も運命共同体 こんなんじゃない未来晴れたり降られたりの日々の中で 無数に続く分岐点の中で僕らは上手に生きれるかな? 旅の切符を手に入れたんだ 君が迷わぬようにずっと遠くに見えたんだ手を振って笑った生まれ変われるなら何処かで逢えるように 旅の切符を手に入れたんだ 新しい明日を見たい夕闇に染まる時間の 前に辿り着きたい 君がいるのならば ここで歌ってもいいかな君と歌ってもいいかな 無数に続く分岐点の中で僕らは「今」を生きれるかな?

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 地球最後の告白を (Chikyuu Saigo no Kokuhakuo)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 地球最後の告白を (Chikyuu Saigo no Kokuhakuo)” Official Lyrics 和楽器バンド「地球最後の告白を」歌詞 そして君が知らずに 幸せな灰になった後で僕は今更 君が好きだって 「大人になりたくないよ」なんて大人ぶってさ駆けた少年の日どうやら僕に訪れた悪戯は相当タチの悪い不老不死のおせっかい 神様ステキなプレゼントをありがとうなんて到底的外れな幼い冗談の奥に 大事に隠した片思いは察してくれないんだ 追い越してく 戻れない憧憬好きな人に さよならを いつか見た夕焼けは あんなにキレイだったのに恋なんて呼ぶには 穢れすぎてしまったよそして 君が知らずに 幸せな灰になった後で僕は今更 君が好きだったって気付いたよ 百年前の同じ日に君のおばあちゃんは同じ事を言ったんだ君の孫の曾孫のその最期に僕はまた一人になる 移ろってく メトロポリスと君の名に花束を いつか見た夕焼けは あんなにキレイだったのに恋なんて呼ぶには 穢れすぎてしまったねそして 血が流れて 世界が灰になった後で僕は今でも ふいに君を思い出すんだ 誰もいない 枯れた世界で悪戯の 意味を知ったよ 臆病 でも今なら言えるんだ地球最後の告白を いつか見た夕焼けは あんなにキレイだったのに恋なんて呼ぶには 遠回りしすぎたよそして 何もかもが 手遅れの灰になった後で僕は今更 君が好きだって君が好きだったって言えたよ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – そこにあるかも知れない・・・ (Soko ni aru Kamo Shirenai…)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – そこにあるかも知れない・・・ (Soko ni aru Kamo Shirenai…)” Official Lyrics 和楽器バンド「そこにあるかも知れない・・・」歌詞 君に 逢いたい時だってどこか 逢えない気持ちがあるだけど 本当の優しさがそこに あるかも知れない 人込みに 揺られてるどこかに 宛てがあるわけじゃない独りきり 歩いても何か 解決することじゃない 自分が 本当に望んでる気持ちは きっとこれから 二人で歩いて行くことさ 君に 逢いたい時だってどこか 逢えない気持ちがあるだけど 本当の優しさがそこに あるかも知れない 二人 輝いた季節はきっと これからも続いてくだから 大切な未来にこの想いを 残したい 飽きるまで 話しても全部 分かり合えるわけじゃない言葉より 伝えたい気持ちが この胸にあふれてる 君がいつか 探した夢の続きは きっと二人で 描いて行こう忘れないで 君が ホントにスキだっていつも 心に飾ってたい楽しさだけが 全てなら本当の …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Calling

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Calling” Official Lyrics 和楽器バンド「Calling」歌詞 君に届けたい想いが、届けたい言葉が、届けたい歌がここにあるんだ空泳いで世界中へ、銀河の果てまで、どうか響け、どうか響け 移ろい行く時代の流れの中で私達は真っ直ぐ歩けるか?大事なものからいつも失くす日々は生きることの意味さえ問うけれど 予測もつかない明日はいつも闇だだけどだからこそ踏み出すのです誰かが足を、一歩を踏み出さなきゃ世界中がきっと暗いままだ 命の灯火はキラキラと今でも絶えず降り注ぐ君の上にも、誰の胸にも 君に届けたい想いが、届けたい言葉が、届けたい歌がここにあるんだ空泳いで世界中へ、銀河の果てまで、どうか響け、どうか響け 今を生きて精一杯そう、悲しみの果てはいつか来るさそうさ明日夢見て目一杯そう、手と手を取り合って笑い合うんだ 解き放てよもう一回そう、限界の先はそこにあるさ今日は明日を繋ぐ第一歩もう泣かないと決めて歩き出すんだ 君に届けたい想いが、届けたい言葉が、届けたい歌がここにあるんだ空泳いで世界中へ、銀河の果てまで、どうか響け、どうか響け 移ろい行く時代の流れの中で私達は真っ直ぐ歩けるか?大事なものからいつも失くす日々は生きることの意味さえ問うけれど 予測もつかない明日はいつも闇だだけどだからこそ踏み出すのです誰かが足を、一歩を踏み出さなきゃ世界中がきっと暗いままだ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ​reload dead

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ​reload dead” Official Lyrics 和楽器バンド「reload dead」歌詞 夕闇をただ泳いだ まだ光の行く先はわからない無邪気に笑っていられた 花束の約束も消える 夕闇を切り裂き 微睡(まどろみ)と歌った光と影のように 表裏一体 誘えどこまでも落ちてく 心は硬化する私の愛はまだ どこまでも自由か? 深海よりも深く 安らぎをただ求めた どれだけ歌えば届くのだろう伝えたい言葉もない 花束の約束も消える 夕闇を切り裂き 微睡(まどろみ)と歌った光と影のように 表裏一体 誘え深く傷を付けた どこまでも愚かだ眠りを忘れても この場所は自由か? 名前のない静寂 夕闇を切り裂き 微睡(まどろみ)と歌った光と影のように 表裏一体 誘えどこまでも落ちてく 心は硬化する私の愛はまだ どこまでも自由か? 深海よりも深く 夕闇を切り裂き 探していただけどもうお終い もう眠るね

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 生きとしいける花 (Iki to Shiikeru Hana)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 生きとしいける花 (Iki to Shiikeru Hana)” Official Lyrics 和楽器バンド「生きとしいける花」歌詞 弛(たゆ)みないはずだった道雨だれに耳を寄せひとりきりでは消えてしまいそうな 追憶に抱かれては重ねたページ色褪せないように 生きとしいける花に 願い込め描いた徒然なるままに 君が残してったひとひらずつ集めて 大きな絵が一面咲いた 逃げてゆく水平線の坂道に揺れる心綺楼手を振っている昼下がりの夢 サヨナラの空がまた曇らぬように塗り重ねてた 生きとしいける花も 流す涙がある実を付けるその日まで 根をはり誇るようにひとひらずつ名付けて 旬に開く花束を君へ ぼやけた明日を もっと縁取る陰影を今に動き出しそうな命を吹き込もう 生きとしいける花に 願い込め描いた徒然なるままに 君が残してったひとひらずつ集めて 大きな絵が一面咲いた

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Ignite

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Ignite” Official Lyrics 和楽器バンド「Ignite」歌詞 Say what you mean to doもう帰らないKeep on burning燃え尽きるまでそう、強かな意志を持ったひとつの流れる渦だ 変幻自在中央部突破突き刺した音の連続 Get up!特攻から卒倒したモブに完敗のレッテル貼って速攻シメてくいつだって斬れ味は鋭く光る眼光 見透かした犯行天界から託されたミッションだ点火 Fire! 着火 イグニッション 解き放て暗闇を照らし出す灯火東雲を切り裂いて響かせよう そうさ、まだまだ止まらない好奇心が描く音の地図想像するほど高まっていく鼓動は走り出し熱を帯びる Say what you mean to doもう帰らないKeep on burning燃え尽きるまでそう、強かな意志を持ったひとつの流れる渦だ 解き放て暗闇を照らし出す灯火東雲を切り裂いて響かせよう言霊は形を成し映し出す篝火咲き誇れ、永久に響かせよう そうさ、まだまだ止まらない好奇心が描く音の地図想像するほど高まっていく鼓動は走り出し熱を帯びる脳細胞から放たれるパルスのまま走れ果てるまで想像の域を超えて行く駆け抜けた景色さえ抱き締めて Hey.I can’t hear youここまで来たらKeep on fighting灰になるまでそう、しなやかな鋼の様に束ねた絆と意志だ 天変地異轟かす雷鳴狙うは天辺 起こすハリケーン列島から炎上して前方から遠方へローラー掛けてオーダーキメるミュージシャンシップに則り Just do it怠けたらクビ飛ばされる覚悟だブリンブリンの未来が待っているさぁ持ってる才能フル回転ハイペース Say what you mean …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Tokyo Sensation

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Tokyo Sensation” Official Lyrics 和楽器バンド「Tokyo Sensation」歌詞 精一杯 目一杯 笑いかけてもう限界 上の見解 振り落として存分に 過剰な分析 嫌われ方も今日の僕は 死んだ魚の目 こんなんじゃ思ってた地獄よりも平坦な 道順が 苦しすぎるよ解像度 下げる程 自信崩壊今日の僕は 猫の手も借りたい 夢を握りしめこの土地へ来たんだろ? Tokyo sensational存在も 欲情も2次元世界に塗り潰されたハイカラな様相で空前の トレンド誰にも真似できないまんまで生きろらしさより、らしく手掛かりは 無限とらわれない 感覚で今以上声 あげろ! 何千回 何万回 時の人に焦がれアイディアは 過激な程 上がってく支持率1の位の 数字までに 取り憑かれて自己啓発本 何冊買ってんだ?! 投稿はマメに日課麻痺ってく現実完全に自分の首を締め付けてんだろバーチャルな支配において人気No.1その先に何が待ってんだよ 余分に広げてた理想は捨てちまえ Tokyo sensational今世紀最大の常識外れのイベント開幕学んだスキルは随一の信頼感ここぞのタイミングで発動しろ!友と共にあれ痛み分ち合い本音こそ直球にありのまま素顔 魅せろ! 当面、無法地帯だ目に入る情報も真実見抜く力を備えろ誰も教えてくれやしない分かるだろ? Tokyo sensational存在も 欲情も2次元世界に塗り潰されたハイカラな様相で空前の トレンド誰にも真似できないまんまで生きろらしさより、らしく手掛かりは無限とらわれない …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – オリガミイズム (Origamiizumu)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – オリガミイズム (Origamiizumu)” Official Lyrics 和楽器バンド「オリガミイズム」歌詞 悩んでばっかday追い込まれハイになって「まぁいいや」どぉーしょもない迷走は破り捨て Every step of the way一歩を進んでたら勝ちだしょーもない回想は折りたたんで 切り貼りで その場しのげ!リミット超えの楽観主義 足りなけりゃ 出前頼め!ヴィヴィッド気味な躍動感で零れた夢を掴もう くり返してた哀しみは消し去ってこの胸に刻むオリガミ何度でもイチから折り直して自由に未来創り変える 千羽折ったように積み重ねていければマシだイイネなんて大層な意味無いし 頑張んなくたっていい手を叩き踊りましょう気ぃ使い性分は抜けないし 生真面目に ズレてヤバめ山折り風に抗ったって 谷折りに 凹む恐れ無敵な紙ヒコーキを大空目掛け投げる 駆け抜けて 今 優しさを贈りあって幾千の笑顔集める重なった手と手は離さないで輝いた紙フブキ降らす またつまずいたとしても無駄じゃないよ上げた目線に 彩る明日が映る くり返してた哀しみは消し去ってこの胸に刻むオリガミ何度でもイチから折り直して自由に未来創り変える まだ未完成なままでいいいつか飾られるその日まで

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 宛名のない手紙 (Atena no nai Tegami)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 宛名のない手紙 (Atena no nai Tegami)” Official Lyrics 和楽器バンド「宛名のない手紙」歌詞 歪みだらけのこの街で何を見出せというのかもうこのまま朽ち果ててしまいたいなんて自暴自棄の今日も此処に身を鎮める 木々が擦れて奏でるリズムと湿る芝生の香りに抱かれて都会に潜むオアシスに寝転び ビルを繋ぐうろこ雲はやがて不気味な風に押し流されてく不協なカラスたちのオーケストラ 例えば一つだけ言えずにいた言葉をしたため送るとすれば夜の帳降りる頃筆をとり抗う空の声 探してた 手紙はまた 宛名もなく今年もまた 君を消して帰ってきて 帰ってきて三十年後、共に生きてた夢 死に物狂いに仮想の愛へ羞恥を捨てた過剰な奉仕を幼い雑念は穢れゆくまま 野望に暮れた目の下は青く親に向ける顔もなく溺れた誰の為産まれ誰の為生きる? 地上に満ちてく赤い点滅蟻地獄へまた呑み込まれてく焼けに一つだけ瞬く星に身を重ねすすり泣く声 殺した 手紙はまだ 綴り続け私はまた 君を呼んでどうか生きて どうか生きて四十年後、皺を撫で合う夢 それは人と人の闇と愛の垢を落とす気怠さを 手紙はまた 宛名もなく今年もまた 君を消してどうか生きて どうか生きて五十年後、共に息絶える夢

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 日輪 (Nichirin)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 日輪 (Nichirin)” Official Lyrics 和楽器バンド「日輪」歌詞 今振り翳した日輪の旗を掲げたら誇りを胸にさぁいざ進め ビルの谷間に見えた朝焼けが染め上げる東京の街並み、景色いつも胸の何処かで燻ってた気持ちを吐き出す場所を探していた 誰しも秘める心の焔燃え尽きるまで叫び続けてその先には静寂が待ってるから嗚呼、僕等は時に弱い気持ちを抱えながらも道を行くのだ最後の壁は自分で超えるんだよ ねぇ、人は変われる 独り苦しくて泣いたあの夜も今の自分を作ってくれたから顔を上げてみよう晴れ渡る空に飛び立つ鳥達 今振り翳した日輪の旗を掲げたら誇りを胸にさぁいざ進め 人の心の隙間魔が差している時に死神が耳元で言う「こちらの水は甘い痛みの無い世界だ」靄(もや)を払う様に走った 心に巣食う闇の部分と微かに光る希望の一縷その大半で雨が振り続けても嗚呼、いつか交した約束だとか捨てきれない執着掴んで必死にそこから這い上がってんだよ もう大丈夫だから 人が恋しくて泣いたあの日々も残酷に時間(とき)は流れてゆくから僕達は弱く僕達は強く生まれ変わるんだ 日ノ出ズル國ハイトオカシ忠義捧げたら命の限りさぁいざ進め 豹は死して皮を留む 豈偶然ならんや 独り苦しくて泣いたあの夜も今の自分を作ってくれたから顔を上げてみよう晴れ渡る空に飛び立つ鳥達 今振り翳した日輪の旗を掲げたら誇りを胸にさぁいざ進め 誰しも秘める心の焔燃え尽きるまで叫び続けてその先には静寂が待ってるから嗚呼、僕等は時に弱い気持ちを抱えながらも道を行くのだ最後の壁は自分で超えるんだよ ねぇ 今振り翳した日輪の旗を掲げたら誇りを胸にさぁいざ進め

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Eclipse

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Eclipse” Official Lyrics 和楽器バンド「Eclipse」歌詞 刻は満ち重なって燃ゆる烏木の炎雷鳴と荒波の只中で 創造は水泡に帰した過ちを重ね、悔いた人類が見渡す景色こそディストピアゴフェルで組み上げよう 透明に透けてゆく躰幻に魅せられる様な知覚だ天使に触れられたユートピアゴフェルで組み上げよう ここから聞こえるのはScreaming嗚呼、主の導き向かうEden 陽は陰った 刻は満ち重なって燃ゆる烏木の炎過ちを洗い流す様な爪痕はLike a beautifulこの胸に刻まれた悲しみの記憶を焼き付けて歩き出す新世界 見上げた月の満ち欠け幾許の時間巡る季節も通り過ぎてくから生命は地上から絶えあの日見た光の粒星が彩る夜空瞬く彗星はその身を燃やしながら光るからもう一度 世界に木霊すのはScreaming嗚呼、主の導き向かうEden 陽は陰った 刻は満ち重なって燃ゆる烏木の炎過ちを洗い流す様な爪痕はLike a beautifulこの胸に刻まれた悲しみの記憶を焼き付けて歩き出すこの道を

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ロキ (Roki)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ロキ (Roki)” Official Lyrics 和楽器バンド「ロキ」歌詞 さあ 眠眠打破 昼夜逆転 VOX AC30Wテレキャスター背負ったサブカルボーイがバンド仲間にやっほーアルバイトはネクラモード対バンにはATフィールド“人見知り”宣言で逃げる気か BOY ゆーて お坊っちゃんお嬢ちゃんお金も才能もなまじっかあるだけ厄介でやんすBoys be ambitious…like this old man長い前髪 君 誰の信者勘違いすんな 教祖はオマエだ ロキロキのロックンロックンロールかき鳴らすエレクトリックギターはDon’t Stop!Don’t Stop!さあ君の全てを 曝け出してみせろよロキロキのロックンロックンロール さあ 日進月歩いい曲書いてる? 動員ふえてる?「知名度あるけど人気はそんなにないから色々大変ですね。」 はっきり言うなよ匿名アイコン はっきり見せない実写のアイコンいい歳こいて自意識まだ BOY ぶっちゃけどんだけ賢くあざとくやったって10年後にメイクは落ちてんだよBoys be ambitious…like this old man生き抜くためだ キメろTake a “Selfy”死ぬんじゃねえぞ お互いにな! ロキロキのロックンロックンロール薄っぺらいラブソングでもいいDon’t Stop!Don’t Stop!さあ目の前のあの子を 撃ち抜いてみせろよロキロキのロックンロックンロール お茶を濁してちゃ満足できないスタジオに運ばれたスロートコートは安心不安心 …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 光の中で (Hikari no Nakade)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 光の中で (Hikari no Nakade)” Official Lyrics 和楽器バンド「光の中で」歌詞 いざや目覚めよ、光の中で 優しい光は君を照らすだろうまた深い闇が君を包んでも そう誰しもが手を取り合って胸の何処かで繋がってたいときっと思ってるから 僕等はずっと誓いの中で共に駆け抜けて来た絆は深く刻まれたまま愛と勇気を伝え続けようまだ旅は終わらない 幾つもの傷を越えて来たのだろうもう少しだけど、手を繋いでいて 雨が上がった明けの夜空に両手を合わせ祈りを込めて朝を迎えるんだね いざや目覚めよ、光の中で夢はいずれ覚めゆく水平線の果ての世界へ愛と勇気を謳い続けようこのスピードは止まらない 僕等はずっと誓いの中で共に駆け抜けて来た絆は深く刻まれたまま愛と勇気を伝え続けようまだ旅は終わらない さぁ光の先へ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ゲルニカ (Guernica)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ゲルニカ (Guernica)” Official Lyrics 和楽器バンド「ゲルニカ」歌詞 見上げた上空に浮かぶ黒い影渋谷スクランブルF-35A仮想の現実にスマートフォンを翳すシャッターが目印だぜ3.2.1 争いを何度でもヒトは繰り返す寄生虫嗚呼 炎炎燃えるビルの屋上や地上降り注ぐ弾丸無情焼夷弾も生物兵器へ変わり見えぬEnemyへと移行混沌なのは過去未来現在現れるのも変幻自在Mass media駆ける情報の戦場とWikipediaを引く時代へと変貌 もう二度とは帰れない場所へ僕等は息を止め 沈んでも信じたい運命が作れるのなら全てをやり直したら新たな世界線へ超えてゆけ 蠢いた人混みを掻き分け歩け 轟く地響きで揺れるアスファルトメトロ這い上がるType10Tk越境のカラクリに世論が湧き上がるBPはこの街 Declaration of war もう二度とは帰れない場所へ僕等は意を決して 倒れても立ち上がる大切な誰かの為に全てが終わった後の焼け野原に新たに芽吹くのは美しい生命の強き気高さ 首都高速道路滑走路にし遠心力で最短距離で発進何処までも続く青空はいつからか線を引かれたらしい報復に報復を重ね泥沼の現状に愛を歌おうあの島は誰の物とか白黒付けずにここで愛を歌おう 争いを何度でもヒトは繰り返し奪い合いそこに正義などなくたってヒトは繰り返す寄生虫嗚呼 もう二度とは帰れない場所へ僕等は息を止め 沈んでも信じたい運命が作れるのなら全てをやり直したら新たな世界線へ超えてゆけ 蠢いた人混みを掻き分け歩け 炎炎燃えるビルの屋上や地上降り注ぐ弾丸無情焼夷弾も生物兵器へ変わり見えぬEnemyへと移行混沌なのは過去未来現在現れるのも変幻自在人の皮被った化け物達のRealを使ったBoard game戦争

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 砂漠の子守唄 (Sabaku no Komoriuta)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 砂漠の子守唄 (Sabaku no Komoriuta)” Official Lyrics 和楽器バンド「砂漠の子守唄」歌詞 砂に 落ちた星屑 掬い夜空を 仰ぎ願い 時を駆けた万華鏡 一人 旅人が語り出す昔々の和の国で悲しみの中 朽ち果てた聴こえてくる 子守唄 泣いて泣いて泣き疲れ酔いて酔いてまた立つさ恋いて恋いてなお堕ちてゆくが我のカルマ如く生きる 説いて説いて受け継がれ越えて越えてまたゆくさ時の季の世に強く根付くがメルクマール 今も生きる 砂に 埋もれ吐いた 毒は二度と 振り向かぬ誓い 刻を決めた羅針盤 起源を辿れば 動き出す記されていた オアシス手相の上で 転げては口ずさんだ 子守唄 抱いて抱いて抱き尽くし迷い迷うこともあるさ流浪 流浪のこの身を庇うものなど無い 我に生きよ 泣いて泣いて泣き疲れ酔いて酔いてまた立つさ恋いて恋いてなお堕ちてゆくが我のカルマ如く生きる 説いて説いて受け継がれ越えて越えてまたゆくさ時の季の世に強く根付くがメルクマール 今も生きる 紡ぎ紡いで只管(ひたすら)耐えて耐え抜く生き様さ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 空の極みへ (Sora no Kiwamie)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 空の極みへ (Sora no Kiwamie)” Official Lyrics 和楽器バンド「空の極みへ」歌詞 そっと空へ手を伸ばし瞬く星を掴む 彷徨(さまよ)う少年 その背へ投げつけ捲き起こる衝撃と 迷子の 少年よ 輝く 月を目指せ闇夜を 切り開く 光の方へどこまで 歩いても 追いつけない空の極(きわみ)さあ 隠してた 翼で 戸惑い焦り転び彼方の月を睨む 倒れた少年 新しい身体真紅に染まる翼 迷子の 少年よ 輝く 月を目指せ闇夜を 切り開く 光の方へどこまで 歩いても 追いつけない空の極(きわみ)さあ 隠してた 翼で ずっと堪(こら)えてた 涙拭い傷ついた身体を抱き起こしてきっと 次は届く 諦めず背を 支えるから 羽ばたく 少年よ 輝く 月へ昇れ闇夜を 切り開く 光の方へどこまで 歩いても 追いつけない空の極(きわみ)もう …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – CLEAN

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – CLEAN” Official Lyrics 和楽器バンド「CLEAN」歌詞 ごめんね、優しくできなくてごめんね、上手に言えなくてごめんね、心配をかけてごめんね、だから言わせてよ ありがとう、ついてきてくれてありがとう、優しさをくれてありがとう、側にいてくれてありがとう、本当に本当にありがとう 数えきれないなあなたがいて、あなたが言って、笑ってくれるだけでいいの 帰る場所で待っていてくれるあなたへ聞かせたい話がこんなに溢れているから退屈しなくてすみそうだ数年先の未来を描くときには君は当たり前に隣で笑っていてほしい少しのマンネリは許して だからありがとうあのね、本当にありがとう 何億の人、違う価値観の海を泳ぐ出会う事が人生の宝物なんだね ありがとう、数えきれないねあなたがいて、あなたが言って、笑ってくれるだけでいいの 帰る場所で待っていてくれるあなたへ聞かせたい話がこんなに溢れているから退屈しなくてすみそうだ一人一人違う今を生きてるから無数の網目のような出会いを運命と呼んで平凡な日々を彩るよ だからありがとう あのね本当にありがとう 帰る場所で待っていてくれるあなたへ聞かせたい話がこんなに溢れているから退屈しなくてすみそうだ数年先の未来を描くときには君は当たり前に隣で笑っていてほしい少しのマンネリは許して だからありがとうあのね、本当にいつも本当に、あのね、本当にありがとう

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 流星 (Ryuusei)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 流星 (Ryuusei)” Official Lyrics 和楽器バンド「流星」歌詞 僕等は歩いて来た一歩でも良いって時々さ、後ろをさ 振り返って本当は泣いてたんだだけど笑ったんだ何時だって、僕だって 君だって いつかまた会える日まで胸に残しておこう分かれ道の先 忘れない様に 流星が降ったあの日の夜空命さえ枯れた世界でこの時間の中に僕等出逢えた奇跡無限に広がる空の彼方でまたいつか会える届かぬ祈りなど無い 目を閉じ感じたんだ風や樹々の息吹を山を越え、谷を越え 海の果てそれらはひとつひとつ命が宿っている大切な温もりを抱き締めて 誰しもが探し求める光の輪郭に触れられたならば時は走り出す 流星が降ったあの日の夜空まだ胸が少し痛くてこの手で救える未来があるのなら無限に広がる空の彼方に手を伸ばし叫ぶ愛しき世界を守りたい いつかまた会える日まで君を想っていよう分かれ道の先 繋がる時まで 流星が降ったあの日の夜空幾つもの時間を超えて走ったり、転んだり 君と過ごした軌跡無限に広がる永遠の宇宙で何度でも会える届かぬ祈りなど無い 届かぬ祈りなど無い

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 雨のち感情論 (Ame Nochi Kanjouron)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 雨のち感情論 (Ame Nochi Kanjouron)” Official Lyrics 和楽器バンド「雨のち感情論」歌詞 大抵の嘘笑いは慣れてデタラメな言葉並べて泣いてた迷走の中に産まれ落ちて常習的な毎日の私に 相変わらず優しい空今だけは離さぬように 伝説の境界線探し見上げる夜空1番星向かって手をかざしてみたり単純明快だって君と夢みた銀河最果ての世界へ届くと信じていた 雷鳴の鳴り響く砂漠で進むべき道外れて叫んでた運命と宿命の狭間で歴史上残すような足跡を 空に並べた道しるべ今こそは離さぬように 星群の臨界点覗き込む望遠鏡北極星向かって合図あげてみたり絶体絶命だって君が見つけた銀河最果ての世界が神話と信じていた 星座から(手の平に)零れた(ひとかけら)握りしめて 標的未定だって雨のちに流れ星 伝説の境界線求め舵をきる旅1番星向かって願いかけてみたり単純明快だって君と夢みた銀河最果ての世界で今でも息づく神話と信じている

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 花一匁 (Hanaichimonme)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 花一匁 (Hanaichimonme)” Official Lyrics 和楽器バンド「花一匁」歌詞 季節はずれの赤いツバキが一人ぼっち小さく歌う ねずみ色したビルの谷間にこだましていくわらべ歌 ちぐはぐな世界に迷い込んだ花の懐かしい香りが 舞散る 花一匁よ咲き誇れただ一輪の花として命燃やすの美しく 花一匁よ狂い咲けあの子も全て望むがままに射止めてあげる 溶け出してゆく花の色香が心までも真っ赤に染める バラバラな思いの合間を埋めてゆく懐かしい旋律舞散る 頼りなく揺れるささやかな命が燃やしてゆく 全てを 小さな小さな花でさえ地平の彼方空を超え命謳うのいつまでも 花一匁よ咲き誇れただ一輪の花として命燃やすの美しく 花一匁よ狂い咲けあの子も全て望むがままに射止めてあげる

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 天上ノ彼方 (Tenjou no Kanata)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 天上ノ彼方 (Tenjou no Kanata)” Official Lyrics 和楽器バンド「天上ノ彼方」歌詞 落ちてきそうな空の下で変わらずに息をしている君はどうして泣いているの?死にたいなんて呟いてさ まだまだまだ何か足りない欲しいものを全部手に入れたって何をすればいいの?暗闇の中で、居場所探してるいつか巡りあえる時まで 天上ノ彼方死ぬまでには 答えを一つは見つけたいな天上は遙かもう迷わない 今も風は吹いている明日はある 未来はある諦めないで 何者でもないのならばもう悲しむこともないの? まだまだまだ何か足りない退屈に押しつぶされる前に歩き続けなくちゃいつかたどり着く為にもがいてる嫌になるときもあるけれど 天上ノ彼方死ぬまでには 答えを一つは見つけたいな人生の果てでまた会えるよね 空と海は続いてる私がいて、あなたがいる夜明けの街で どれほど遠い存在でだけど壊れそうなほど脆いねいや、でも、まだ信じていたいせっかくならば後悔もしたい どうか届けよ 君に 天上ノ彼方降り注いだ 世界のどこより遠い場所で 天上は彼方長い旅の続きを誰しも歩いていく天上は遙かもう迷わない 今も風は吹いている明日はある 未来はある諦めないで

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 拍手喝采 (Hakushu kassai)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 拍手喝采 (Hakushu kassai)” Official Lyrics 和楽器バンド「拍手喝采」歌詞 さぁ!皆々様方 ようこそ八つの音霊 唯一無二心の調弦 弾き正す 非日常 棚引いてる涙 仕舞い込んだ記憶爪弾くこの両手で奏で消し去る 吹き千切れ迷いも 柵(しがらみ)も風鳴り響かせて 唸れ 切った張ったこの世界は思ってるより 悪く無いなんもかんも蹴飛ばして 騒げや宴 始めようWOW… 響け 拍手喝采 ちょっと待って悄気てないでCheer up!歪(ひず)んだ気分 コンプ掛け揃えて縦横無尽に掻き鳴らせRefrain 可憐に振り刻む 二面性フィロソフィー重音(かさね)た手と夢で弾(ひ)き弾(はじ)ける 交差する《グルーヴ》 咆哮の一打《雷神》リズムで語る男の覚悟は 伊達じゃ無いぜ音数バトル 狙いを定めて Da.Da.Da 切れた上腕で刻む打撃は我愛你(ウォーアイニー) 切った張ったこの世界は思ってるより 悪く無いなんもかんも蹴飛ばして 騒げや宴 歌えばWOW… 響く 拍手喝采 絡んだ糸が まだ解(ほど)けないなら優しい想い歌に込めていつまでも君まで 届けよう《和楽器バンド此処に参上》 切った張ったこの世界は思ってるより 悪く無い和洋折衷 新しい 次が今必要なんもかんも蹴飛ばして …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 「儚くも美しいのは」 (Hakanaku mo Utsukushii no wa)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 「儚くも美しいのは」 (Hakanaku mo Utsukushii no wa)” Official Lyrics 和楽器バンド「儚くも美しいのは」歌詞 彼の海は静かに凪いだ私達は舟を浮かべてもうこの場所には帰れない静かに心を決めた 水面(みなも)に映る天の川を漕いで空に歌えば今日もこうして生かされることにありがとうございます 儚くも美しいのは昨日の君が強く生きたから誰しもが立ち止まりながら明日の朝を夢見るのです あの雲は掴めるだろか私達は腕を伸ばしてねえ、あの場所には届かない?微かに言葉が漏れた 今、穂に出ずる山ノ神を斎(いつ)き空に歌えば今日もこうして生かされることにありがとうございます 儚くも美しいのはひとの命が輝けるから瞬きの中に一筋の生きた証を見出すのです いつか誰かの為に僅かだとて残せたのなら今日もこうして奏でられることにありがとうございます 儚くも美しいのは昨日の君が強く生きたから誰しもが立ち止まりながら明日の朝を夢見るのです

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 君がいない街 (kimi ga inai machi)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 君がいない街 (kimi ga inai machi)” Official Lyrics 和楽器バンド「君がいない街」歌詞 何もいらないなんて嘘だよこんなにもほら強欲なんだ悲しいくらい嘘にまみれて正しいことがわからなくなる 傷つけあった過去もただ許しあうことが出来たのならばもう言葉などはいらない(いらない)この世界の中でただ一つ限りある時間君と生きてくねぇ、それだけで 君のいない街で 僕の声は響く許されるのならば もう一度会いたい人形が住む街 君だけが真実間違えたのならば どうすればいいだろう? 人形が住む街 君だけが真実何気ない日々を 抱きしめてる すれ違いの昨日もまだ謝ることで変えられるのならもう他に何もいらない(いらない)この世界の中でただ一つ限りある時間君と生きてくねぇ、忘れない 君のいない街で 僕の声は響く許されるのならば もう一度会いたい幻想が降る街 君だけを探して間違えたのならば どうやり直せばいい? 誰もいない街だ 君だけが足りない苦しいよこんなに どうすればいいだろう?どうすればいいだろう? 君がいない街で

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – World domination

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – World domination” Official Lyrics 和楽器バンド「World domination」歌詞 月の月の月の真ん中から見えた地球を丸っと食べたい! 予想以上に真っ黒に焦げた都会の夜景 弾む心隠しては拗ねたフリして 敗退の中で原石を並べて 満足気まんまじゃ やってみっぺんだっぺ すっぺただ背伸びしただけこんなにも憧れたステージ逃がさないでしょ やりたいと思い走る気持ち大体の事はやってみたけど正体はバレずに魅せてやる月の月の月の真ん中から見えた地球を丸っと食べたい! 立ち往生しては 横目に追越し滑り込みセーフなら 暴露なんて必要無い そんじゃしゃーんめごじゃっぺだっぺ夢の続き見なきゃ一筋に噛み締めた快感忘れないでしょ 翔びたいと思い粘るヤル気駄洒落(ダジャレ)抜きで本気(マジ)になったもん勝ち普通の子でいたければそれまで月の月の月の真ん中から見えた地球をガブッと呑みたい! いがっぺ やっぺしみじーみすっぺ田舎者根性新鮮に見えた景色今も変わらーないでしょ やりたいと思い走る気持ち大体の事はやってみたけど正体はバレずに魅せてやる月の月の月の真ん中から見えた地球を丸っと食べたい!

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 独歩 (Doppo)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 独歩 (Doppo)” Official Lyrics 和楽器バンド「独歩」歌詞 福寿草、雪解けの川青く澄んだ空と大地と有り余る命の中で今日を生かされてる 雨の日でも風の日にも歓びの日を別れの日を繰り返し巡り逢った君は光でした 悲しいね、ひとはどれだけ離れても悲しいね、ひとはまた歩き出せる いつの日も側で笑った君は今遥か遠くで同じよな空を見上げて何想うだろうか 日照りの日も雪の日にも歓びの日を別れの日を繰り返し巡り逢った君は光でした 悲しいね、ひとはどれだけ離れても悲しいね、ひとはまた歩き出せる 寂しくて今夜君の名前呼んだ声を押し殺してさよならと言った

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 沈まない太陽 (Shizumanai Taiyou)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 沈まない太陽 (Shizumanai Taiyou)” Official Lyrics 和楽器バンド「沈まない太陽」歌詞 何度倒れたってまたゆっくり立ち上がればいい誇れる魂Yeah, yeah, yeah, yeah 挑み続けたからこそ立てる場所があるはず未来は自分次第Yeah, yeah, yeah, yeah Hey Hey悩んだその先でHey Hey掴んだモノ Hey Heyその武器装備してHey Heyいつの日か 嗚呼 夢で奮い立たせて道無き道を進め 嗚呼 沈まない太陽はもっと掲げて揺るぎなきヒカリ 手に入れろ 「SOS‥」届かない暗中模索 浮遊してるだけまるで白昼夢Yeah, yeah, yeah, yeah 挑めなくて 見えな過ぎて悔しくて でも負けられなくて闇ばかり掴んでいた影照らし去れ 嗚呼 止め処なく流れ落ちた涙のその先で 嗚呼 羽ばたくべき翼をずっと磨いて比類無き願い 今 叫べ Hey Hey悩んだその先でHey Hey掴んだモノ Hey Heyその武器装備してHey Heyいつの日か 明日無き世界を嘆き憂い悲しむのなら 抗う意思 懐にそっと忍ばせて 夢で奮い立たせて道無き道を進め 嗚呼 …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – パラダイムシフト (Paradigm Shift)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – パラダイムシフト (Paradigm Shift)” Official Lyrics 和楽器バンド「パラダイムシフト」歌詞 調教師の指さす方へ囚われた檻の中調教師の指示する事を間違えたら お仕置き 調教師の鞭の音が夢の中も止まない調教師の喉が見えた噛みつき方 忘れた 馬鹿げた世界に もうさよなら、と 手を振って新しい世界は まだ地平線の その先に 失くしたプライドへはさよなら、と 手を振って残された物は ほら従順な 尻尾だけ 繋がれた 鎖の先の愉快げな 嗤(わら)い声繋がれた 鎖の端を握る気配 感じる 繋がれた 鎖の音に心地良さを 覚える開かれた 檻の向こうは何が待つか 見えない 抑制された四肢に刻まれてく傷痕と身体に触れるものがただ一つのリアリティ 貫く痛みの中思考さえも溶けてゆき残された爪の跡夢と現(うつつ) 壊れてく 馬鹿げた世界に もうさよなら、と 手を振って新しい世界は まだ地平線の その先に 失くしたプライドへはさよなら、と 手を振って残された本能がただ一つのリアリティ 馬鹿げた世界は もう開いた檻の扉馬鹿げた世界は もう自由なワタシが ほら辿り着いた この場所へ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 風立ちぬ (Kaze Tachinu)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 風立ちぬ (Kaze Tachinu)” Official Lyrics 和楽器バンド「風立ちぬ」歌詞 遠く幼い頃に見てた母の背丈の高さより今は大きくなって実を付けて私は今此処に立ってます しゃなりしゃなり街並みを行くひゅるりふわり北風立ちぬ 遠く離れてても、時が行こうともいつでも笑って居られるのは大事な昨日があるから 明日も私で居られる 音も立てずに過ぎてゆく数え切れない程の思い出にいつも笑顔を絶やさずにさよならまたいつか会う日まで 矢継ぎ早に足取り軽く胸の奥に認(したた)めた地図 遠く離れてても、時が行こうともいつでも笑って居られるのは大事な昨日があるから 何度躓いても、涙溢(こぼ)れてもそれでも笑って居られるのは眩い明日があるから 私は私で居られる

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 紅蓮 (Guren)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 紅蓮 (Guren)” Official Lyrics 和楽器バンド「紅蓮」歌詞 道の無い荒野は果て無く続く時間は静かに首を締め付けてく残された命で描き続ける精一杯の感情とこれまでの人生(ライフ) 憧れていた 夢を見ていた姿と少し違ってしまったんだ間違ったまま濁流の中こんなにも膨れ上がったんだ 誰も知らない世界の果てで燃ゆるパトスで描いた雨を飲み込みその炎は自分さえ焼き尽くした 筆先に宿す込み上げる思い振り返る隙もない程駆け抜けた大切なものを幾つも切り捨て正しさもいつか分からない位 例えばいつか 辿り着けたら姿もやがて変わり果てるだろう立ち止まったらもうこの場所には戻れない気がしていたんだ 誰も知らない狂気の果てで燃ゆるアーチを描いた芽吹く命と消え入りそうな儚さに美を求めて 瞬きの間に世界は回るひとは忘れ行くけれど 誰も知らない世界の果てで燃ゆるパトスで描いた雨を飲み込みその炎は自分さえ焼き尽くした

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – あまりりす (Amari isu)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – あまりりす (Amari isu)” Official Lyrics 和楽器バンド「あまりりす」歌詞 甘い香りに誘われるかの様に貴方の腕の中に堕ちて疼く躰 ときめきも出逢った日よりずっとあゝ激しく求め合う二人 誰よりも近く遠く愛しく貴方の首筋に噛み付いて満たす皮膚の下、もっと深く刺して真っ白な世界に愛憎の紅い華が咲く 抱き締める程に強く爪立てて愛しい貴方の皮膚を引き裂いてみたい 子供の様に眠るその横顔に口付けてまた始めよう 何処までも二人堕ちて行けば最果てには幸せな結末があるでしょうか 止まぬ耳鳴りまた聴こえてくる手繰り寄せた小指の意図は愛を繋ぎ満たし分かつの 誰よりも近く遠く愛しく貴方の首筋に噛み付いて満たす皮膚の下、もっと深く刺して真っ白な世界に愛憎の紅い華が咲く 深紅の羽根大きく広げ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 花になれ! (Hana ni Nare!)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 花になれ! (Hana ni Nare!)” Official Lyrics 和楽器バンド「花になれ! 」歌詞 みんなで声高く今こそ野に咲く花になれララララ 恥ずかしがり屋の君も明日の事は忘れて僕らが生み出す世界へ 花が笑ってる 空が歌ってる手と手重ねたらほら みて また広がる輪ここで創めよう僕と’ライヤイヤ!’呪文 唱えたらほら みて みんなが笑ってる 誰より背を伸ばし夢を掴もう 奇跡起こせララララ 弱虫ばかりの日々も新しい朝迎えて僕らの更なる未来へ 虹が呼んでいる 雲が踊ってる目と目合わせたらほら みて また繋がる輪ここで始めよう君も’ライヤイヤ!’呪文 唱えたらほら みて あの子も笑ってる 花が笑ってる 空が歌ってる手と手重ねたらほら みて また広がる輪ここで創めよう僕と’ライヤイヤ!’呪文 唱えたらほら みて みんなが笑ってる

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 義風乱舞 (Gifuuranbu)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 義風乱舞 (Gifuuranbu)” Official Lyrics 和楽器バンド「義風乱舞」歌詞 残酷な乱世に 生まれし者たち風に舞う桜の 導くが如く忠義を尽くす為 己の真(しん)に問う魂の声 兜に愛を掲げ挑む戦国の世で散りゆく定め今こそ我が身捧げ刹那に大地踏みしめ参らん 立ち向かえ 勇姿よ 義と義重ねいざ我に美しく天下を揺るがせ 友と共に義風の乱舞で 貫け 莫逆(ばくぎゃく)の友とし 今宵も酒交わす朧に浮かぶ月 微笑むが如く覚悟を民のため この時代に傾(かぶ)けさぁ時は来た! 誠の心 滾る力記憶の奥で眠る悲しみ今こそ漢(おとこ)の闘志燃やせ手綱とり共にゆかん 勝ち誇れ 絆と 義を響かせいざ我に美しく天下の先駆け 友と共に疾風の乱舞で 駆け抜け 兜に愛を掲げ挑む戦国の世で散りゆく定め今こそ我が身捧げ刹那に大地踏みしめ参らん 立ち向かえ 勇姿よ 義と義重ねいざ我に美しく天下を揺るがせ 友と共に義風の乱舞で 貫け

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 月に叫ぶ夜 (Tsuki ni Sakebu Yoru)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 月に叫ぶ夜 (Tsuki ni Sakebu Yoru)” Official Lyrics 和楽器バンド「月に叫ぶ夜」歌詞 夜に渦巻く記憶 千切られた夢紡いだ過去 掻き毟る 湿った宿命は解いて微かな希望 空に託す 泣き叫ぶ夜 欠けた愛は月とLinkする例え見えなくても満ちた時には 光り輝けるの? 時を乞う刹那さえ引き裂かれた無情絡まる運命(さだめ)諸行無常 滲(にじ)んだ闇夜を見上げて溢(こぼ)れた 祈りが静かに狂い散る 【罪】【罰】 哀しみだけ 浮遊する この世界が溶けてく重なる罪 抜け出せぬ(抜け出せる)叶わず無駄(必ず今) 泣き叫ぶ夜 仰いだ 願いに光が射す隠れていただけでずっと其処(そこ)には存在し続けてた 泣き叫ぶ夜 欠けた愛が月とLinkする例え見えなくても満ちた時には光り輝けるの 廻る 償えない罪

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 鳥のように (Tori no Youni)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 鳥のように (Tori no Youni)” Official Lyrics 和楽器バンド「鳥のように」歌詞 水に浮かぶ 月あかり揺らすそっと差し伸べた指の先 こぼれる 涙 逢いたいと願う夢は 鳥のように 空へ高く風と共に どこまで飛んで 波に映る影を追いかけていた 今すぐ君の元までこのまま飛んでゆきたいあの日にまだ伝えられずに心の奥に潜めた全てを語ろう 夜に唄う 黄昏を憂う遠く聴こえた懐かしい声 導くように 逢いたいと願う夢は 鳥のように 空へ高く風と共に どこまで飛んで 波に映る影を追いかけていた 今すぐ君の元までこのまま飛んでゆきたいあの日にまだ伝えられずに心の奥に潜めた全てを語ろう

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 浮世heavy life (Ukiyo Heavy Life)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 浮世heavy life (Ukiyo Heavy Life)” Official Lyrics 和楽器バンド「浮世heavy life」歌詞 混沌とした浮世の中踊れ踊れ 咲き誇るため繋ぎ合わせた想いならばいっそこの身が朽ち果てるまで 夜明け前の日の本を巡り行く最後は描いた狂気ごと いざ参ろう 道無き道今宵は宴 華の舞深く深く描くものは 情熱の残り香です今放とう 時代の矢を火事と喧嘩は江戸の華ぽつりぽつり降り出すのは狂気の涙嗚呼、燃やし尽くせよ心 筆を取れ! 回り巡る時代の中で思え願え 叶う時まで心臓の音が止まる日までひとつふたつ写し続ける 雨はすべて優しく包みます最後は地が固まるように いざ参ろう 道無き道今宵は宴 華の舞潜り潜り 写すものは感情の灯火です今放とう 覚悟の矢を火事と喧嘩は江戸の華ぽつりぽつり降り出すのは狂気の涙嗚呼、燃やし尽くせよ心、筆を取れ! いざ参ろう 道無き道今宵は宴 華の舞深く深く描くものは 情熱の残り香です今放とう 時代の矢を火事と喧嘩は江戸の華ぽつりぽつり降り出すのは狂気の涙嗚呼、燃やし尽くせよ心 筆を取れ!

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – セツナトリップ (Setsuna Trip)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – セツナトリップ (Setsuna Trip)” Official Lyrics 和楽器バンド「セツナトリップ」歌詞 1、2、準備 おっけー?3、4で蹴っ飛ばして全部さ、フイにしちゃったっていいじゃん?どうせ何が変わるわけじゃあるまいし邁進! 発射オーライ、未来! Yeah! ステップあやふや どうしてルルリララ迷っていたってさ、しょーがないじゃん?やめて あえて 攻めて 確かめて酩酊まるで足りないや 弾け出すフレーズ解き放ってほらほら楽しいことしたもん勝ち! 探しにいくんだ セツナトリップ飛べない わけない まだ内緒のハートに Dive!脇目も振らず 出たとこ勝負!手痛い 停滞 撤退はしない 生き急げ 全開少女寝ても 覚めても その刹那 飼い馴らせそろそろどうも 限界症状即効性の Trip に夢中 フワフワリ まだちょっと フラフラリ もうちょっと甘えてあらあら やっちゃったベイベーきっと発展性も何もあるまいに毎日!懲りないなぁ…… 早送りのように過ぎゆく日々まだまだあーやってこーやって 溺れたいんだ 如何せん 不完全 トリップガール代わる 代わる がなりたてる 現実(Real)を BANG!抗え …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – カゲロウデイズ (Kagerou Days)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – カゲロウデイズ (Kagerou Days)” Official Lyrics 和楽器バンド「カゲロウデイズ」歌詞 8月15日の午後12時半くらいのこと天気が良い病気になりそうなほど眩しい日差しの中することも無いから君と駄弁(だべ)っていた 「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を撫でながら君はふてぶてしくつぶやいたあぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機 バッと通ったトラックが君を轢きずって鳴き叫ぶ血飛沫(しぶき)の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った嘘みたいな陽炎(かげろう)が「嘘じゃないぞ」って嗤(わら)ってる夏の水色、かき回すような蝉の音に全て眩んだ 目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで今は何時?8月14日の午前12時過ぎ位を指すやけに煩(うるさ)い蝉の声覚えていた でもさぁ、少し不思議だな。同じ公園で昨日見た夢を思い出した「もう今日は帰ろうか」道に抜けた時周りの人は皆上を見上げ口を開けていた 落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる劈(つんざ)く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻りワザとらしい陽炎が「夢じゃないぞ」って嗤ってる眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした 何度世界が眩んでも陽炎が嗤って奪い去る。繰り返して何十年。もうとっくに気が付いていたろ。こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。繰り返した夏の日の向こう。 バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる血飛沫の色、君の瞳と軋(きし)む体に乱反射して文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。 目を覚ました8月14日のベッドの上少女はただ「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 虹色蝶々 (Nijishouku Chouchou)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 虹色蝶々 (Nijishouku Chouchou)” Official Lyrics 和楽器バンド「虹色蝶々」歌詞 星空をひらりふわり 雲に隠れた月の夜なんとなく迷い込んだ 埃まみれの小さな部屋 蝋燭の灯り……アカリ 近く遠くまた近く灼熱の心……ココロ そんな不器用さに似て ゆるやかに舞い降りてあなたの側で羽広げた 同じ世界を見てみたいとそんな視線を投げかけてる その指先に触れてみたら何故かとても温かかった どのくらい過ぎたでしょう 冷えた部屋にふたりきり泣きそうな顔をしてさ、飛べない私を見てる 「願わくば、忘れて」と……其れが最初で最後の嘘 今手の中に包まれたら 温かくて瞳を閉じる空を覆った雪の華は 寂しそうに流れた雫 ヤサシイキモチオオシエテクレタセツナイキモチオオシエテクレタ ソレハナニヨリモダイジナコトデ忘れはしないよ いつかどこかでまた会えたらきっと側で羽を広げて…… 雪は次第に雨となって 雲が千切れて虹を架ける私の羽と同じような とても綺麗な色に変わる

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – いろは唄 (Irohauta)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – いろは唄 (Irohauta)” Official Lyrics 和楽器バンド「いろは唄」歌詞 アナタガ望ムノナラバ犬ノヤウニ従順ニ紐ニ縄ニ鎖ニ縛ラレテアゲマセウ アルイハ子猫ノヤウニ愛クルシクアナタヲ指デ足デ唇デ喜バセテアゲマセウ どちらが先に 溺れただとかそんなこと どうでもいいの 色は匂へど 散りぬるを我が世誰ぞ 常ならん知りたいの もっともっと深くまで 有為の奥山 今日越えて浅き夢見じ 酔ひもせず染まりましょう アナタの色ハニホヘトチリヌルヲ 例ヘバ椿ノヤウニ冬ニ咲ケト云フナラ雪ニ霜ニ身体ヲ晒シテ生キマセウ アルイハ気高ヒ薔薇ノ散リ際ガ見タヒナラ首ニ髪ニ香リヲ纏ワセテ逝キマセウ 骨の髄まで 染まってもまだそれだけじゃ 物足りないの 色は匂へど 散りぬるを我が世誰ぞ 常ならん知りたいの もっともっと深くまで 有為の奥山 今日越えて浅き夢見じ 酔ひもせず変わりましょう アナタの為に嗚呼 色は匂へど 散りぬるを我が世誰ぞ 常ならん知りたいの もっともっと深くまで 有為の奥山 今日越えて浅き夢見じ 酔ひもせず堕ちましょう アナタとイロハニホヘト ドコマデモ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – チルドレンレコード (Children Record)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – チルドレンレコード (Children Record)” Official Lyrics 和楽器バンド「チルドレンレコード」歌詞 白いイヤホンを耳にあて 少しニヤッとして合図する染み込んだこの温度が ドアをノックした瞬間に溢れそうになるよ 「まだ視えない?」目を凝らして臨む争奪戦 あの日躊躇した脳裏から「今だ、取り戻せ」とコードが鳴り出しそう 愛しくて、辛くて、世界を嫌ったヒトの酷く理不尽な「構成」肯定していちゃ未来は生み出せない 少年少女前を向く暮れる炎天さえ希望論だって「ツレモドセ」 「ツレモドセ」三日月が赤く燃え上がるさぁさぁ、コードを 0で刻め想像力の外側の世界へ オーバーな空想戦線へ 「お先にどうぞ」って舌を出す 余裕ぶった無邪気な目「ほら出番だ」パスワードで 目を覚ましたじゃじゃ馬は止まらないもう夜が深くなる 「オコサマ」なら燃える延長戦逆境ぐあいがクールだろ?寝れないねまだまだ ほら早く!早く!! イン・テンポで視線を合わせてハイタッチでビートが鳴り出せば考えてちゃ遅いでしょう? ほらノっかってこうぜワンコードで視線を合わせて ぶっ飛んだグルーヴが渦巻けば冗談じゃない見えるはず そのハイエンドの風景の隙間に さぁどうだい、この暑さも すれ違いそうだった価値観も 「悪くないかな」目を開き、手を取り合ったら案外チープな言葉も 「合い言葉だ」って言い合える。少しだけ前を向ける 少年少女、前を向く 揺れる炎天すら希望論だって思い出し、口に出す 不可思議な出会いと別れを「ねぇねぇ、突飛な世界のこと 散々だって笑い飛ばせたんだ」 合図が終わる 少年少女前を向け 眩む炎天すら希望論だって「ツカミトレ」 「ツカミトレ」と 太陽が赤く燃え上がるさぁさぁ、コールだ。最後にしよう最善策はその目を見開いた オーバーな妄想戦線感情性のメビウスの先へ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 月・影・舞・華 (Tsuki. Kage. Mai. Hana)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 月・影・舞・華 (Tsuki. Kage. Mai. Hana)” Official Lyrics 和楽器バンド「月・影・舞・華」歌詞 夜空を照らす月明かりあなたの影に寄り添う私は艶やかに舞う蝶のような永遠(とこしえ)に咲き誇る恋の華 ゆらゆら揺らめいていた水面を縁取る 花を掬(すく)えば雫は背中を伝い私は香りに酔いしれている 結んだ髪をなびかせ清めよ この身と心あなたが望むのならば千年先も咲き続けましょう 夜空を照らす月明かりあなたの影に寄り添う私は艶やかに舞う蝶のような永遠(とこしえ)に咲き誇る恋の華 愛し人淡き恋心募らせて・・・ きらきら煌めいていた今宵の月に包まれ私はいつしかあなたの腕で軽いめまい感じて抱かれてた 折りから散る花吹雪古の願いと共に遥かな道のり辿る瑠璃色の橋を架けましょう 夜空を照らす月明かりあなたの影に寄り添う私は艶やかに舞う蝶のような永遠(とこしえ)に咲き誇る恋の華 夜空を照らす月明かりあなたの影に寄り添う私は艶やかに舞う蝶のような永遠(とこしえ)に咲き誇る恋の華 幾星霜(いくせいそう)刻む轍(わだち)を迷い歩み続けるその先は月影に舞う満開の永遠(とこしえ)に咲き誇る恋の華

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Episode.0

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Episode.0” Official Lyrics 和楽器バンド「Episode.0」歌詞 そう俺は夢を掴む者 野望のため刀を赤く染める戦国の世が世であるから何を犠牲にしても天下を取る 何もかも省みずに故郷の母にも手紙書けず己の未熟さを知り気付けば体は血に染まった 残酷な戦の痕俺たちは敗れた人敗者には救いさえもなく無情に雨は降り注ぐ 墓標に夢は露と散る 遠く向こうから聴こえてくる優しく悲しい旋律 少女が何処かで歌ってるようだ透き通った声が響きわたる ふと涙零れ落ちた故郷が思い浮かんだ歌声が俺に気付かせた平穏が一番大切だと もし生まれかわれるならこの声の少女のように歌声で人を救えるような存在になりたいと思うんだ 今の俺がそうであるように誰かの重荷を外せたなら 嗚呼

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 深海少女 (Fukaumi Shoujo)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 深海少女 (Fukaumi Shoujo)” Official Lyrics 和楽器バンド「深海少女」歌詞 悲しみの海に沈んだ私 目を開けるのも億劫(おっくう)このままどこまでも堕ちて行き 誰にも見つけられないのかな どこへ向かい、何をすれば? ふと射し込む一筋の光手を伸ばせば届きそうだけど 波に拐(さら)われて見失った あれは一体なんだったのかな あたたかくて眩しかったの無意識のカウンターイルミネーション 嘘つきは誰? 深海少女 まだまだ沈む 暗闇の彼方へ閉じこもる深海少女 だけど知りたい 心惹かれるあの人を見つけたから 昼も夜も無かったこの場所 なのに眠れない夜は続く自由の羽を大きく広げて 泳ぐあなたは奇麗でした そしてまた光は降りそそぐ 見とれていたら目が合った気付いてこっちを振り返るあなたに 嘘つきな私… 深海少女 わざわざ沈む 暗闇のさなかに赤い頬深海少女 ハダカの心を見せる勇気 黒い海がまだ許さない こんなに服は汚れてしまった 笑顔も醜くゆがんでいった誰にも合わせる顔なんて無いの もう放っておいてよ! 声にならない気持ちが溢れてとけた次の瞬間、君が突然姿を消した 心配性の 彼女は焦る 闇が彼を隠しひとりきり限界少女 その手を伸ばす 「ほらね、君も素敵な色を隠してた」 深海少女 腕を引かれる 歌う祝福のマリンスノー深海少女 もっと知りたい 心惹かれるあの人を見つけたから この海を出て …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 脳漿炸裂ガール (Noushou Sakuretsu Girl)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 脳漿炸裂ガール (Noushou Sakuretsu Girl)” Official Lyrics 和楽器バンド「脳漿炸裂ガール」歌詞 自問自答 無限苦言ヤバイ挫傷暗礁に乗り上げている前頭葉から新たな痛みを共有したがる情報バイパス 収束できない不条理 スク水吐瀉物噴出 妄想デフラグ前方不注意 顔面崩壊どうでもいいけどマカロン食べたい 諸行無常のリズムに合わせてワンツーステップで女子力上げればゆるふわ草食 愛され給(たも)うてそう仰せにては候えども 就職できない無理ゲーパスして面接ばっくれ交渉決裂携帯紛失 精神壊滅(※自律神経に問題があるかもしれません) ペラペラな御託並べちゃって結局♂♀凹凸擦って気持ち良くなりたいだけならその棒のようなもので私を殴って 紅い華が 咲き乱れて私は脳漿炸裂ガール さあ狂ったように踊りましょうどうせ100年後の今頃にはみんな死んじゃってんだから震える私を抱きしめてもっと激しく脳汁分泌させたら月の向こうまでイっちゃって (※この電話番号は・・・現在使われておりません) 一問一答カリスマ弁護士How-to 本を売り上げているスタバでキャラメル濃いやつ頼んでドヤ顔したがる東京バイアス 量産アイドル一蓮托生お祭り道化師 恋愛 NG子悪魔メイクで触覚生やして3時のおやつはマカロン食べます スラップベースの刻みに合わせてハラキリ フジヤマ ゲイシャが唄えば思わず女子会 飛び入り参戦スイーツ目当てでツイート控えめ 二次会 焼肉 五反田ググって情弱ウイルス感染薄型ガラケー2年で解約(※暗証番号をもう一度お確かめください) 手招きされて尻尾振ってる従順な子犬みたいな可愛さは最初から求めてないからその麻縄で私の身体を縛って マルキ・ド・サド 枕仕事私は脳漿炸裂ガール さあ狂ったように踊りましょうどうせ100年後の今頃にはみんな死んじゃってんだから今すぐ私を抱きしめてもっとびしょびしょ脳内麻薬に溺れて宇宙の彼方へ漕ぎ出して さあ狂ったように踊りましょうきっと100年後の私は美少女に生まれ変わってるはずだからさ古くさい身体は脱ぎ捨ててもっと激しく脳汁分泌させたら月の向こうまでイっちゃって

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 星月夜 (Hoshizukiyo)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 星月夜 (Hoshizukiyo)” Official Lyrics 和楽器バンド「星月夜」歌詞 はらりひらり舞う想い出、一つの恋君に恋をして変わる世界、巡る想い出に大切な物を沢山くれた日々が今でも私を支えてくれているのでしょう 風鳴く夜、星瞬く刹那の走馬灯月夜照らす 誰かの面影瞼の裏、今でもまだ鮮やかに映る闇夜照らす 光の輝き 華やかな街の喧騒を抜け君に手を引かれて走り出した人混みを掻き分け見上げた空を染める色 煌り光る一番星願いを込め 未来を描いた移り行く時間の狭間で大切なものを沢山くれた日々が今でも私を支えてくれているのでしょうひとつ 、ふたつ歩いていこう 街は眠り、肩寄せ合う泡沫の夜に愛しき人、慕えど然りとてそっと君の袖を掴む指先に燈る一欠片の想いと裏切り 何時の間にか時は流れ人も変わり、目を閉じて振り返る日も人混みに呑み込まれ薄れゆくものでしょうか? 煌り光る一番星願いを込め 未来を描いた移り行く時間の狭間で幾つもの伝えきれなかった言葉を今、歌に乗せて何処までも さぁ遠く響け はらりひらり舞う想い出、一つの恋君に恋をして変わる世界、巡る想い出に大切な物を沢山くれた日々が今でも私を支えてくれているのでしょうひとつ 、ふたつ歩いていこう

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 戦-ikusa-

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 戦-ikusa-” Official Lyrics 和楽器バンド「戦-ikusa-」歌詞 固く誓った 折れない想いならここにあるだろう信念あるならすれ違いもまた必然だろうか 答えは何処だ いざ舞い散れ桜咲いて命のある限り参れ 嗚呼、もう誰もいないふわり風が凪いだ… 放って放って 戦へ祈って祈って 未来で笑って笑ってるようにどうか誓いの中で散らせてくれその心 真に無双 負けない事を強く描いた日遠い日の事想いがあるならすれ違いもまた必然だろうか さぁ此の手で取れ いざ舞い散れ桜咲いて命のある限り踊れ嗚呼、静寂の中でふわり風が凪いだふわり風が凪いだ… 荒れた荒れた世界で尖った尖った想いがどうかどうか君まで届け 届けよ 放って放って 戦へ祈って祈って 未来で笑って笑ってるようにどうか誓いの中で散らせてくれその心 真に無双

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 天樂 (Tengaku)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 天樂 (Tengaku)” Official Lyrics 和楽器バンド「天樂」歌詞 青い時間 さよなら告げる雨避けの傘は僕を抛(ほう)り捨てた訪れてた 夏にも気付かずに此処は何処だ 僕は誰だと 吼(ほ)える 終わりが無い、と 行き先を殺す分かるはずが無い、と 景色を刺した自分で築いた森の外に踏み出せずに 何故 歩き出さないの?何故 創り上げないの?そうして何も始まらないまま朽ちて腐り行く人を 屍を 超えて 今 打ち鳴らす衝動の刃が 世界を砕く朝焼けが追いつく前に ぐしゃぐしゃに割れた音で構わない天樂(てんがく)を 削れたピック 朽ち果てたギターいたずらに僕の扉を暴く通り過ぎた 秋がすぐそこまで始めよう 無様な真実を 隠せ 何故 立ち止まっていたのか何故 拒み続けたのか?そうして悩み続けた先には芽生え狂い咲く音を 帰り道 捨てて 今 打ち鳴らす衝動の刃が 世界を砕く目が眩むほど美しい 泡沫(うたかた)に揺れた音で貫いて天樂(てんがく)を 今 咲き誇る狂色(きょうしょく)の葉が 世界を飾る朝焼けが追いつく前に その核に触れた声を張り上げて天樂(てんがく)を

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ブルーデイジー (Blue Daisy)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ブルーデイジー (Blue Daisy)” Official Lyrics 和楽器バンド「ブルーデイジー」歌詞 揺れる思い出の中僕は手を伸ばし続けてる過ぎる景色はいつもとても綺麗に見えた 想いを乗せた列車で懐かしいあの場所まで連れ去ってくれないかほんの少しだけど目を閉じて引き出しを開けてみる 思い出の空は黄昏れるオレンジ色の町並みを背に沢山の「ありがとう」胸に刻んで回想列車は何処までも記憶の海を彷徨いながら過去は今、明日へと繋がる軌跡 時に嫌気がさして投げ出したくなることもあるだけどそれも良いんだって全てを受け入れよう 想いは伝わるだとか言葉は生けるだとかそんなことばっか信じて今日も歩いていくんだよ本当はきっとそれだけでいい もしもこの街の片隅で僕を呼ぶ君の声がしたら迷わずに駆け付けて救い出すからどうか泣かないでこれ以上顔を上げたらさぁ歩き出そう今日の日は未来へのはじめの一歩 時より思い出すのは幼い頃の景色みんなで笑い合って毎日が過ぎてく本当はきっとそれだけでいい 春霞、遠花火、長月越えて吐息は白く帰れないあの日々に想いを馳せる回想列車は何処までも記憶の海を彷徨いながら過去は今、明日へと繋がる軌跡 何度でも「ありがとう」

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 雨上がりのパレード (Ameagari no Parade)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 雨上がりのパレード (Ameagari no Parade)” Official Lyrics 和楽器バンド「雨上がりのパレード」歌詞 窓を開けたら陽射しを浴びて新しい朝が訪れる雲ひとつない高い空でした昨日までの雨は上がった 誰かが選んだ生き方じゃなくて自分の決断をただ信じて そんなふうに風のようにしなやかに変わってゆくよ太陽が降り注いだ雨上がりのパレードそして今、この気持ちをあなたに伝えてみるから心を通わせたのなら今日からまた始めよう 木漏れ日の中 目を細めてるまるでそれは湖の底まだらに射した光のシャワー深呼吸をして立ち上がる 時々こわくて、時々痛くてだけどその先には明日がある こんなふうに毎日は日々繰り返されてゆくけど度々訪れる歓びに笑顔になるよこうしてほら気持ち晴れて穏やかに変わってゆくからあなたの胸にだって祝福が溢れて鳴り止まない 雨上がりの街を胸を張って歩いてゆく何処までも行けそうな気がするんだ そんなふうに風のようにしなやかに変わってゆくよ太陽が降り注いだ雨上がりのパレードそして今、この気持ちをあなたに伝えてみるから心を通わせたのなら昨日の雨は止んで世界は少し変わる今日からまた始めよう

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Starlight – Live

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Starlight – Live” Official Lyrics 和楽器バンド「Starlight」歌詞 そばにある大切さを気付けない日々の中で アスファルトに芽吹く小草生命は輝き見上げる空、流れる雲息をして駆け出そう 君がくれたこの気持ちを君が愛したこの世界で自分の言葉そのままに焦りや迷いも乗り越えたい私がいつか全てのこと歓びに変えて行けるように同じ景色を見ていたい走り続けよう新たな未来へ今 変わりゆく風の中で迷う日もきっとあった それでも今、私達が揺らいでいないのは君が見せた笑顔だからこのまま前を見て 見上げるStarlight 心掴んだ広がる世界に包まれていく希望がそこにある限り与えられた1minutes 輝きたい浮かぶConstellation光の結晶君が愛したあの夜空に同じ空の下で道は繋がっているよ星に願いを込めて 誰かの為に在りたいと言うなら少し違うかもしれないけれど沢山の気持ちを背負ってただ走れ 君がくれたこの気持ちを君が愛したこの世界で自分の言葉そのままに焦りや迷いも乗り越えたい浮かぶConstellation光の結晶君が愛したあの夜空に同じ空の下で道は繋がっているよ星に願う 見上げるStarlight 心掴んだ広がる世界に包まれていく希望がそこにある限り走り続けよう新たな未来へ今

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 六兆年と一夜物語 (Rokuchounen to Ichiya Monogatari)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 六兆年と一夜物語 (Rokuchounen to Ichiya Monogatari)” Official Lyrics 和楽器バンド「六兆年と一夜物語」歌詞 名も無い時代の集落の 名も無い幼い少年の誰も知らない おとぎばなし 産まれついた時から 忌み子鬼の子としてその身に余る 罰を受けた 悲しい事は 何も無いけど夕焼け小焼け 手を引かれてさ 知らない知らない 僕は何も知らない叱られた後のやさしさも雨上がりの手の温もりもでも本当は本当は本当は本当に寒いんだ 死なない死なない 僕は何で死なない?夢のひとつも見れないくせに誰も知らない おとぎばなしは夕焼けの中に吸い込まれて消えてった 吐き出す様な暴力と 蔑んだ目の毎日に君はいつしか そこに立ってた 話しかけちゃだめなのに「君の名前が知りたいな」ごめんね名前も舌も無いんだ 僕の居場所は 何処にも無いのに「一緒に帰ろう」 手を引かれてさ 知らない知らない 僕は何も知らない君はもう子供じゃないことも慣れない他人(ひと)の手の温もりはただ本当に本当に本当に本当のことなんだ やめないやめない 君は何でやめない?見つかれば殺されちゃうくせに雨上がりに 忌み子がふたり夕焼けの中に吸い込まれて消えてった 日が暮れて夜が明けて 遊び疲れて捕まってこんな世界僕と君以外 皆いなくなればいいのにな皆いなくなれば いいのにな 知らない知らない声が聞こえてさ 僕と君以外の全人類抗う間もなく手を引かれてさ夕焼けの中に吸い込まれて消えてった 知らない知らない 僕は何も知らない これからのことも君の名も今は今はこれでいいんだとただ本当に本当に本当に本当に思うんだ 知らない知らない あの耳鳴りは夕焼けの中に吸い込まれて消えてった

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 追憶 (Tsuioku)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 追憶 (Tsuioku)” Official Lyrics 和楽器バンド「追憶」歌詞 風薫る並木の中を駆ける様な思い出のひとつひとつを僕は拾い集めている 目を閉じて息を吸い込む深く、長く追憶の向こう側へ僕は空を仰ぐ 君はもうここには居ないとほんとは知っていてだけど、ねぇもう少しだけ思い出に浸らせて 頬を伝う涙落ちて光る ねぇ、誰も彼も孤独の中で今日も息を吐いて傷付け合って、慰め合って暖め合いましょう今も瞳の奥に焼き付いたまままだ離れないの両手で塞いで、覆い隠して忘れる日が来るから 木漏れ日が射す公園に座り込んで君の居ない左側に不意に風が吹いた いつも無理して笑っていたあの日の横顔や雨の日に涙を隠したあの日の横顔が 酷く胸を締め付けては苦しくて、苦しくて、瞼閉じた ねぇ、君はいつも孤独の中で全部知らないフリ僕を守って、傷付けられて笑っていたんだろう互いを認め合って分かり合えてたそんな勝手なこと知った気になって、勝手に生きて苦しめてたって今、思うんだ 時は今も流れ僕は君を想う大切さを伝えたかった ねぇ、君はいつか何処か誰かをきっと好きになって大人になって、他人になって薄れていくだろう僕はもう少し君を忘れるのにはまだかかりそうで相変わらずの愛想笑いで誤魔化してばかりなんだ ねぇ、誰も彼も孤独の中で今日も息を吐いて傷付け合って、慰め合って暖め合いましょう今も瞳の奥に焼き付いたまままだ離れないの両手で塞いで、覆い隠して忘れる日が来るから

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 風鈴の唄うたい (Fuurin no Utautain)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 風鈴の唄うたい (Fuurin no Utautain)” Official Lyrics 和楽器バンド「風鈴の唄うたい」歌詞 空を泳ぐ 雲を止めて雨を突いて 語りかける僕は1人 影もなくて姿見えず さまよう風 あの日君を残し終わりを告げた命よ 僕は死んで 君はひとり罪を抱いて 涙枯れる「どうか、自分を許し心、ほどけるように」 風となって やさしく唄いかけるのはそっと寄り添い 鳴り響く風鈴ゆっくり消えてゆく 肩を寄せて 君の隣夢をみせて 語りかける僕は今日で ここを去ろう最後の僕の願いは一つ「どうか誰かを愛し 家族となり生きてくれ 生まれ変わる 時よ 満ちて 風となって 愛しく唄いかけるのはそっと寄り添い 鳴り止まぬ風鈴空に消える あとわずかなこの時よきっとまた巡る さよならを知らせる鳴り響く風鈴 明日になれば 君は笑う僕を忘れてまたいつか 会う日まで

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 望月 (Mochizuki)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 望月 (Mochizuki)” Official Lyrics 和楽器バンド「望月」歌詞 妖美に刺す恍惚な目 誘惑の滴る汗体這わす凍える指 心もてあそぶ嘲笑う理性の枷 その鎖壊せば畏れすらも愉悦へ変わる 絡み合う声揺れてもう求めるままに溺れて泡沫の夢がたりさぁ望月の闇夜を切り裂いて 迸(ほとばし)る命の熱 脳裏まで這い上がる握り返す指先まで 鼓動重ねる灯りは消え時が廻り 夢から覚める前に抱きすくめて ただただ強く… 誰の目にも届かぬ巣箱の片隅で背徳に怯えながらも悶え、這いつくばり箍(たが)を外した心の叫びが体の奥、奥へと刻まれてゆく 満ち溢る月明かりそっと 儚い刻(とき)を照らして一片(ひとひら)の物語そう二人だけの一頁(ページ) 絡み合う声揺れてもう求めるままに溺れて泡沫の夢がたりさぁ望月の闇夜を切り裂いて

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – MOON SHINE

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – MOON SHINE” Official Lyrics 和楽器バンド「MOON SHINE」歌詞 毎日の退屈が 心蝕んでく嘘笑い浮かべていても 寂しさ溢れる 胸の鼓動が 速度上げてく頭の中は 空っぽ音の波間で 体揺らして酔いが回って(い)く 日常が溶け出して 蒸気が立ち昇るLive で感じるlife格好つけずに I can’t stop 夜の帳(とばり)は降りた拳上げて 勝鬨(かちどき)あげろWe can,t stop 隣と腕を取って踊れば 月も笑う 壊れてく常識は 他では非常識調教(おしえ)こまれたことを 疑えば見える 心で描いた絵を 逆さに眺めればSake に見えてるfake塗りつぶして I can’t stop 夜の帳(とばり)は降りた拳上げて 勝鬨(かちどき)あげろWe can’t stop 隣と腕を取って踊れば 月も笑う 胸の鼓動が 速度上げてく頭の中は 空っぽ音の波間で 体揺らして酔いが回って(い)く体の奥に 鳴り響くのは抑え込んでた 欲望音に合わせて …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ワタシ・至上主義 (Watashi Shijou shugi)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ワタシ・至上主義 (Watashi Shijou shugi)” Official Lyrics 和楽器バンド「ワタシ・至上主義」歌詞 チャンスは一度 奇跡を起こせ今ワタシ至上主義何が欲しいの 叶えてあげる ひざまづいて ねぇ聞いて ヒミツのね 呪文をね唱えるだけでいつも ウソ不思議なんだっけ そういつも 全部思い通り今何時 終わんない? そんなコト 考えるのはやめてメイクオフしたら 今日は寝よう イチかバチかのまぐれ勝負ダケどナゼか いつも負け知らず 願いをかけて ヤマトナデシコ 今ワタシ至上主義信じててホラ あきらめちゃダメ 可愛らしく言うからチャンスは一度 奇跡を起こせ 今ワタシ至上主義だけどやっぱり物足りないの お腹が空いたみたい ねぇ聞いて アレもコレ ソレもソレ頭がフリーズして ウソ無理だ 何だっけ そういつも全部間に合わない 今何て? 手を止めて ホントのね乙女をね 気取るなら ネイルしてヨガで今日は寝よう 何でもかんでも望み通り フライング覚悟でキメて 今すぐに 星を集めて …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 鋼-HAGANE-

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 鋼-HAGANE-” Official Lyrics 和楽器バンド「鋼-HAGANE-」歌詞 霧刺す闇夜に そびえる城影囚われし君の 月灯り消えゆく 切り裂かれた笑顔【裏切り/哀しみ/故に/無慈悲に散った未来裂傷】 取り返す為に【臨・兵・闘・者 皆陣烈裂在前】【翔!】 衝撃で繋げ 鋼の絆愛を掲げて 流させた涙吹き飛ぶ程に巻き起こせ【行け!】旋風(かぜ)を 消えゆく 星達打ち拉(ひし)がれる惨状 舞い散り続ける犠牲【守れればいい/君だけを/例え他が全て朽ち果てたとしても】 迷い出す正義【疾・風・迅・雷 一心不乱 斬撃】【蝶!】 超絶に砕け 偽善で騙(かた)る忌むべき者たち 蒼白い戯言(ざれこと)は真紅に染めて振り向かず【いざ!】進め 誰より愛したあなたを無くすぐらいならこの手で壊してあげる強く抱き誓うよ鋼の如 Slashing Attack 全て壊せ黒く疼く 心 封じて 不安も罪も傷も痛みも哀しさも振り切って 舞い刻め【臨・兵・闘・者 皆陣烈裂在前】【翔!】 衝撃で奪われた 切なる願いを夢で継ぎ足し もう届くはずも無い想い 空に祈るさぁ 叫べ【行け!】愛を

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 郷愁の空 (Kyoushuu no Sora)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 郷愁の空 (Kyoushuu no Sora)” Official Lyrics 和楽器バンド「郷愁の空」歌詞 道端に芽吹く新緑が葉を閉じて訪る夕暮れ一つ二つ灯、燈り薪の燃える薫りがしたこの町に別れを告げたあの日からどれだけ過ぎたろう“少しだけど顔を上げて”歩いてみる暗い道を いつも何処かでつかえていて何かを怖れていてそうね胸の奥で呼んだ故郷を 皆、迷いの中で光を探し歩き疲れて不意に全てが嫌になってしまい立ち止まるそして帰る場所を求めるのだと誰かが言ったそんな気がして見上げるのは都会の夜空 静けさの中で佇んだ思い出す沢山の日々も今になって振り返れば欠かすことの出来ない過去二度と帰らないと誓ったあの日からどれだけ過ぎたろういつの間にか歳をとって零れ落ちた「ごめんなさい」 いつも遠くで聴こえていた日暮れの鐘の音だやっと口に出して言えた「ありがとう」 皆、迷いの中で光を探し歩き疲れて不意に全てが嫌になってしまい立ち止まるそして帰る場所を求めるのだと誰かが言ったそんな気がして見上げる空の彼方“きっと明日は来る”と、“未来は在る”と信じてみよう例え小さな歩幅でさえ確実に進むそしていつの日にか胸を張って誰かの為に両手広げて迎えるのさ「おかえりなさい」

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 暁ノ糸 (Akatsuki no Ito)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 暁ノ糸 (Akatsuki no Ito)” Official Lyrics 和楽器バンド「暁ノ糸」歌詞 花開けば 蝶枝に満つ 我等謳う空の彼方へ遥か流る雲の向こうへ海を越えて虹を渡って君に届く様に 堰を切って溢れる想いいつか醒める夢の居場所で笑い合っていられる様に重ね紡いでゆく 我等謳う空の彼方へ遥か流る雲の向こうへ海を越えて虹を渡って君に届く様に 堰を切って溢れる想いいつか醒める夢の居場所で笑い合っていられる様に重ね紡いでゆく

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 白斑 (Hakuhan)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 白斑 (Hakuhan)” Official Lyrics 和楽器バンド「白斑」歌詞 重なる躰に舌を這わす高鳴る鼓動、息、滴る蜜打ち寄せる波に少しずつ高めて腐らぬよう一呼吸だけ止めて最後まで激しく求めて 胸の奥響く「此方ヘ御出デ」愉悦に溺れる 息絶えるまで 貴方の注ぐ愛情は四肢を縛り、視界も絶つ突き上げられ洩れる声共に深いクレバスに堕ちようこの夜が明けるまで 漆黒の炎ユラリ蠢く乾いた鞭の音が木霊す肌を斬るようにのたうち回る様、響く嗚咽躰に証を刻み付ける噛み締めるように 果実を貪り、パンドラを開き溢れ出すこの両手に余る欲望 貴方に注ぐ情熱で闇を燃やし、思考も絶つ口づけられたあの日から二人深いクレバスに堕ちたの 繰り返して果てる共に幾度も愉悦に溺れる 息絶えるまで 貴方の注ぐ愛情は四肢を縛り、視界も絶つ固く締め付け合ったまま共に深いクレバスに堕ちようこの夜が明けるまで

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – なでしこ桜 (Nadeshiko Sakura)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – なでしこ桜 (Nadeshiko Sakura)” Official Lyrics 和楽器バンド「なでしこ桜」歌詞 朝焼けの霧に滲む囁く彼方の声夢が覚め遠く満ちる時の訪れ 手に落ちた露に映るそなたの面影待てど いずこ うつつに心の奥で 彷徨う 儚く揺れるなでしこ桜乱世で生まれた花よ紅く染められ今、よみがえるあの日のにほひ夜に開く花ビラ 音もなく 続く道を守るべき者のためひとときの 闇を照らす月影ぼうし 深き淵に霞めるそなたの指切り忍び 宿る 絆と心を盾に貫け 艶やかに舞うなでしこ桜乱世で朽ちてく花よ風にたわむれ今、枝垂れゆく微かなにほひ色は移りにけりな 今ひとつ またひとつ 零れゆく花海に うずもれて永遠に巡り巡る夢見草 儚く揺れるなでしこ桜乱世で生まれた花よ紅く染められ今、よみがえるあの日のにほひ夜に開く花ビラ忘れることなかれ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 反撃の刃 (Hangeki no Ha)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 反撃の刃 (Hangeki no Ha)” Official Lyrics 和楽器バンド「反撃の刃」歌詞 強かに燃える憎しみの中で屍を乗り越え… 燃え滾った感情にこの身を任せて蠢く群れを憎み、眼を開く導き出した答えを求めて僕等は手を取り今、走り出す 流した涙は数え切れない噛み締めた誓いと刃 反撃の時は来た今叫ぶ声、高らかに振り上げ敵を討つ頑なな意志とこの手で宙を舞い今穿つ生き絶えるまで奪われし高き壁の地平の彼方へ 嘆きの声が刺さった記憶の在り処は居場所を探し続け彷徨った渇ききった愛情の抜殻の様な過ぎ行く日は蜃気楼 強かに燃える憎しみの中で残酷な現実を受けとめて流した涙は数え切れない噛み締めた誓いと刃 反撃の時は来た今叫ぶ声、高らかに振り上げ敵を討つ頑なな意志とこの手で宙を舞い今穿つ生き絶えるまで奪われし僕等の自由と存在、光射す未来を取り戻す為に

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 華振舞 (Hana Furumai)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 華振舞 (Hana Furumai)” Official Lyrics 和楽器バンド「華振舞」歌詞 華びらがクスリとわらう揺れて廻(まわ)り堕ちて行方知れず 道端に咲いてた 白い小さな花ひとつ誰ひとり名前も香りすら知らぬまま大盤振舞 夢と期待を花によせ輝いたその身を 握りしめ駆け出した でも本当は この手を握りしめてほしいでも本当に 想いが叶うことがあればほらね ほらね 胸の鼓動が加速してく 空想なのにひいふう みい よお いつ答えが 見えてくる?華びらがクスリとわらう目をそらせば枯れた花の骸(むくろ) 華びらがフワリと堕ちる揺れた心の隙埋めるように華びらがクスリとわらう夢うつつの中でもがくワタシ華びらがクルリとそよぐ裏返しのこの仕草恋心のせて散りてゆく 華振舞 蝉時雨あふれた あの日アナタは振り向いて煌めいたその眼で心射抜いたのですその日からワタシは 熱い気持ちを胸に秘め夕立を浴びては 火照り冷ましていた でも本当は この身を強く抱いてほしいでも本当に 望みが叶うことがあればほらね ほらね 胸の鼓動が加速してく 空想なのにひいふう みい よお いつワタシを 見てくれる? 華びらがクスリとわらう目をそらせば枯れた花の骸(むくろ)華びらがフワリと堕ちる揺れた心の隙埋めるように華びらがクスリとわらう夢うつつの中でもがくワタシ華びらがクルリとそよぐ裏返しのこの仕草恋心のせて散りてゆく 華振舞 華びらハラハラ散るように瞼がハラハラ濡れそぼる陽炎クラクラ揺らめいて視線がクラクラ狂わせる花を 手折り うばい 捧げる 華びらがクスリとわらう目をそらせば枯れた花の骸(むくろ)華びらがフワリと堕ちる揺れた心の隙埋めるように 華びらがクスリとわらう夢うつつの中でもがくワタシ華びらがクルリとそよぐ裏返しのこの仕草恋心のせて散りてゆく 華振舞 …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 蛍火 (Hotarubi)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 蛍火 (Hotarubi)” Official Lyrics 和楽器バンド「蛍火」歌詞 明滅スル灯火ユラリ囁ク声光ト影トガ静カニ混ザリ合ウ 咲き乱れる炎闇を染め上げたそれは高く立ち登り全てを焼き払う赤 積み上げた過去の日々繋ぎ止めた想い出たち瞬きに投げ入れた戻らぬ様に、戻れぬ様に 鬼サン此方ヘ手ノ鳴ル方ヘ明滅スル灯火ユラリ引キ摺リ出ス陰 背を向けたらもう此処には帰れない人はどうして深淵に心を惹かれてくのか 地に巣食う彼の黄泉は暮れの六ツで浮かび上がる誰そ彼と振り返るなら深い闇が口を開いてる 積み上げた過去の日々繋ぎ止めた想い出たち瞬きに投げ入れた戻らぬ様に、戻れぬ様に 遥か遠く永い日々繰り返した争いの傷幾つもの想い重ね見据える先、光る夕星

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 細雪 (Sasameyuki)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 細雪 (Sasameyuki)” Official Lyrics 和楽器バンド「細雪」歌詞 綾なす 樹々に降る細雪満ちては 欠けてゆく月の光遠くへ行かないでと泣いてる今日も また 指の隙間 摺り抜けてく想い出を 掻き集めてるだけ少しずつの すれ違いはいつの間に 二人を別つ 綾なす 樹々に降る細雪満ちては 欠けてゆく月の光見渡す 一面に雪化粧全て 包むように どこかに 落としてきた情熱を誰かを 愛した日の温もりも二度とは 戻れない日々だって過ぎて 行く 指を赤く 結ぶ糸のその先は 重さを無くせとも頬をつたう 涙であれその海も いつかは枯れる もう一度 巡り会えたら伝えたい ことばかりだよ海を越えて 見えた景色を語り合いたかった 綾なす 樹々に降る細雪満ちては 欠けてゆく月の光この手を 離した胸の痛み全て包むように どこかで 忘れていた情熱をあなたを 愛した日の温もりを二度とは 戻れない非望でいて生きて行く

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 雪影ぼうし (Yuki Kageboushi)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 雪影ぼうし (Yuki Kageboushi)” Official Lyrics 和楽器バンド「雪影ぼうし」歌詞 撒いてもっと芽吹く時まで漕いでそっと溶けた隙間で解いてずっと絡まる糸が汲んで待って堕ちる先まで たとえ壊れかけた夢さえも冬に咲く桜のように ヒュルリラ雪影ぼうしが君を追いかけてシンシンと降り積もる形変えながら覆えよ!覆えよ!芯から染めてゆけ 剥いで全部生まれ変われば問いてじっと最後の砦へ 二度と実のならない木々さえも春を呼ぶ雷鳴のように ヒュルリラ雪影ぼうしが君を撫でながらサクサクと踏みしめて軌跡埋めてゆく萌えよ!萌えよ!芯まで染めてゆけ たとえ壊れかけた夢さえも冬に咲く桜のように ヒュルリラ雪花舞い散る君に寄り添ってだんだんと白く塗って迷い消えてった 雪影ぼうしが君を追いかけてシンシンと降り積もる形変えながら覆えよ!覆えよ!芯から染めてゆけ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 名作ジャーニー (Meisaku Jaanii)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 名作ジャーニー (Meisaku Jaanii)” Official Lyrics 和楽器バンド「名作ジャーニー」歌詞 ぐるぐるまわるのは なんだろう?地球?夜空?僕の身体か?そのこたえは ひとつだけじゃないあれれ?!あわれ! タイムトラベルはできるMc2のエネルギーでひょうしのホコリはらうとでてきた魔人はねてました もしもしカメさんよとびひらくがぎはこれだ踊れや歌え うしろの正面だあれ? タイムトラベルはできるMc2のエネルギーでひょうしのホコリはらうとでてきた魔人はねてました むかしむかし あるところおちびとお婆がいます いつもの始まりでめでたしまで 予測不能それが名作

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 東風破 (Kochi Yabu) -Japanese ver.-

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 東風破 (Kochi Yabu) -Japanese ver.-” Official Lyrics 和楽器バンド「東風破 (Kochi Yabu)」歌詞 君の温度が恋しくて窓辺の隅探している欠けた月の帳じゃ僕の心は灯せない 春の報せまた一つ雪解けの水がながる僕だけが動けず華は咲いて東風来たる 誰が奏でているのだろう幼き頃を見つめても君の声が聞こえなくてどんなに待ち侘びても風の音 楓の葉が揺らすのだろう何がためだったのだろう琵琶のしらべでありし日をうら行っても もう夢は後先に 杯の雫だけじゃ此度味は追われない伸びた蝋燭の炎を寂しさにまた火が付く 誰が奏でているのだろう蔦絡まる垣根の向こう君の手を引いて歩いたいつのまにまに時は過ぎ行けど 楓の葉無しひてただろう色褪せ行く思い出事琵琶のしらべでありし日をうら行っても もう夢は後先 君にも届けあの「東風破」僕の心に有る「東風破」扉開けばまだ其処に君が居るような将又彼方 君にも届けあの「東風破」僕の心に有る「東風破」琵琶のしらべでありし日をうら行っても もう夢は後先に

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 東風破 (Kochi Yabu)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 東風破 (Kochi Yabu)” Official Lyrics 和楽器バンド「東風破」歌詞 一盞離愁 孤單佇立在窗口我在門後 假裝妳人還沒走舊地如重遊 月圓更寂寞夜半清醒的燭火 不忍苛責我 一壺漂泊 浪跡天涯難入喉妳走之後 酒暖回憶思念瘦水向東流 時間怎麼偷花開就一次成熟 我卻錯過 誰在用琵琶彈奏 一曲東風破歲月在牆上剝落 看見小時候猶記得那年我們都還很年幼而如今琴聲幽幽 我的等候 妳沒聽過誰在用琵琶彈奏 一曲東風破楓葉將故事染色 結局我看透籬笆外的古道我牽著你走過荒煙漫草的年頭 就連分手都很沉默 一壺漂泊 浪跡天涯難入喉妳走之後 酒暖回憶思念瘦水向東流 時間怎麼偷花開就一次成熟 我卻錯過 誰在用琵琶彈奏 一曲東風破歲月在牆上剝落 看見小時候猶記得那年我們都還很年幼而如今琴聲幽幽 我的等候 妳沒聽過誰在用琵琶彈奏 一曲東風破楓葉將故事染色 結局我看透籬笆外的古道我牽著你走過荒煙漫草的年頭 就連分手都 誰在用琵琶彈奏 一曲東風破歲月在牆上剝落 看見小時候猶記得那年我們都還很年幼而如今琴聲幽幽 我的等候 妳沒聽過誰在用琵琶彈奏 一曲東風破楓葉將故事染色 結局我看透籬笆外的古道我牽著你走過荒煙漫草的年頭 就連分手都很沉默

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 起死回生 (Kishikaisei)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 起死回生 (Kishikaisei)” Official Lyrics 和楽器バンド「起死回生」歌詞 Fight!喝!GO! 誰だって 怖くなって逃げ出したくなる事もある秘める勇気 閉ざして うつむいて 立ち止まってまた見えないフリをする落ちた涙 渇かない 深く潜ます あきらめない意志あの日握った こぶしをまた信じて 突き破ろう 絶対 今回 起死回生挑むべき 今 逃すな見上げる空 塗り替えろ 完全 勝利 目指すならイヤな自分も愛して前に進め 弱った心 自問自答挫折が自信を曇らせわかっていても繰り返す それすらも受け入れてさらけ出した時 気付いたその勇気が 君の強さ 決して独りで 戦ってはいない何があっても支えられてるからさぁ 出し切れ 失敗 上等 起死回生成功だけを見据えて全ての壁を(今)打ち抜け 上昇展開 乗りこなしだけど まだ 気は抜かずに夢を 駆けろ 絶対 今回 起死回生努力を実らす時だもう迷わず(せーの!)翔べ! 全身全霊 鼓舞激励頑張れば いい事があるだから もう一回唄うよ 絶対 今回 …

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – オキノタユウ (Okinotayuu)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – オキノタユウ (Okinotayuu)” Official Lyrics 和楽器バンド「オキノタユウ」歌詞 四角い窓の外秋深し今年最初の霜が降るチクタク鳴り響く部屋の中日々を直向きに生きてます 坂道、高い空、蝉時雨駈け出す私達が居た 波の音に夢を乗せて遠い世界の旅に出よう幾つもの出逢いと別れ路続く物語 指折り数えた名残の空蒼く澄んだビー玉のように小さな迷いも溶かしてゆくそんな晴れた思い出でした 暁、明けの空に三日月吐き出す息白く夢の様いつでも傍に希望を抱いて駈け出す私達が居た 波の音に夢を乗せて遠い世界の旅に出よう幾つもの出逢いと別れ路続く物語 立ち止まる日を乗り超えてもう一度風を掴もう幾つもの想い出を胸に寄せ歩む物語

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ミ・ラ・イ (Mi. Ra. I)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ミ・ラ・イ (Mi. Ra. I)” Official Lyrics 和楽器バンド「ミ・ラ・イ」歌詞 声をあげて 声をあげて 澄んだ空が微笑みかけて不安も迷いも勇気に変えた胸に秘めた切なる思いこの瞬間に 全て解き放て さぁ 今こそ信じる力 呼び覚まして ゆこう 声をあげて 声をあげて掴もう輝くその先へ時を超えて 走り続け重ねた日々が君にはある諦めず思い描いた まだ見ぬミライへ 1度きりだと高鳴る鼓動唇噛み締め 佇んでいた特別なこの場所に馳せる思いその強い眼差し忘れないよ そう 明日へ繋がる勇姿ゴールはすぐそこだよ 腕をあげて 腕をあげて震える手に汗 握りしめ夢を乗せて 道を超えて守りたい誓いが君とある涙浮かべて交わしたあの日の約束 どんな時も 待っているからそのままの 君らしく あればいい 迷わず 吹きぬける風 背中を押した聴こえる 君の呼ぶ声が一人じゃない さぁ 叫ぼう 声をあげて 声をあげて掴もう輝くその先へ時を超えて 走り続け重ねた日々が君にはある諦めず思い描いた まだ見ぬミライへ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 華火 (Hanahi)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 華火 (Hanahi)” Official Lyrics 和楽器バンド「華火」歌詞 導火線を開いて あと5秒くらい暗闇を照らす 誘惑の灯湖上に揺れるは 君の幻 高鳴る鼓動 いつかみた夢 儚く消えゆく強い眼差しの先 その目に映るは 愛を叫んだって 蠢く欲望にあぁ溺れゆくままで鳴り響け空に 火華散る さぁ時よ止まれ 懺悔に咲く華火 迷い込み続け残り香に酔う 執着の魔雲間に浮かぶは 君の微笑み もう抗えずに 心試すような 淡い瞬き無情に刻む今 はじまりの合図を 愛を避けんなってさんざめく 残像にあぁ流れゆくままで舞い上がれ空に花は開く さぁ時よ廻れ 夜を憂う僅かな光に 彩る2人の影 愛を止めないで 彷徨う感情にそう移りゆくままで燃え尽きろ空に 枯れるまで 愛を叫んだって 蠢く欲望にあぁ溺れゆくままで鳴り響け空に 火華散る さぁ時よ止まれ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Strong Fate

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Strong Fate” Official Lyrics 和楽器バンド「Strong Fate」歌詞 ひとつふたつ 過去めくり繋ぐ点と点が線に それは死を呼ぶ声 終わりなき この場所で 輪廻を待つ 留まること知らず 読み解けば罠忍び寄る言霊 耳ふさぎ込んで 黒い目が覗き込み 連鎖を問う 裏切りの数を唱えては喚く息を呑み視界に映る影 聴こえる聴こえる 地を這い嘆く声彷徨う彷徨う手のなる方へ ただ消えゆく消えゆく 残響の中で蠢めく揺らめく 幻影をみる 理由(ワケ)もなく手繰り寄せて離し騒ぐ思念の海 Strong Fateこの世の果て あなたを絶つあの音 聴こえる聴こえる 血を吐き歪む声彷徨う彷徨う手のなる方へ ただ消えゆく消えゆく 残響の中で蠢めく揺らめく 幻影をみる 穢れゆく波に呑まれもがき絡む破滅の渦 Silent Gate 理由(ワケ)もなく手繰り寄せて離し騒ぐ思念の海 Strong Fateこの世の果て

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Fire◎Flower

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Fire◎Flower” Official Lyrics 和楽器バンド「Fire◎Flower」歌詞 “最初から君を好きでいられて良かった”なんて空に歌うんだ 詰め込んだ夢を打ち上げる場所探し求めてこの街から出た 震える着信電源を切った燃え出す導火線誰も止められない 世界の終わりが今訪れたとしたら全部ほっぽってふたり永遠に一緒なのにね Like a Fire Flower僕が消えちゃわないように火の粉散らせ夢打ち上がれ“最初から君を好きにならなきゃ良かった”なんて嘘までついて 慣れない景色不自然な笑顔華やかな祭とは違ってた 繰り返す留守電“ガンバレ”の声涙で導火線消えちゃいそうだよ 宇宙の始まりがあの口付けだとしたら星空はふたり零した奇蹟の跡 Like a Fire Flower君が見つけやすいように雷鳴の如く夢轟かせ“最初から君を好きにならなきゃ良かった”なんてバレてるんだろうな 産まれも育ちもばらばらな僕ら姿も形もそれぞれな僕ら男も女もちぐはぐな僕らそれでも心をひとつに出来たなら 人生の途中が線香花火だとしたら一瞬でもふたり照らす向日葵の様に Like a Fire Flowerいつか夜空に大輪を咲かすその時まで待ってくれ“最初から君を好きでいられて良かった”なんて空に歌うんだ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – キメラ (Chimera)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – キメラ (Chimera)” Official Lyrics 和楽器バンド「キメラ」歌詞 お、いいねいいねその猫被っていく感じでもさ減点式なの評価主義は欲張った先には毒があるの お、いいねいいねそのエゴ抑えていく感じでもさ満たされないこと愛しててね野暮ったい言葉は飲み込むのだ 1, 2, 3, 4 ポップにキメるのはもういいかい もういいかい1, 2, 3, 4 ロックにキメるのはもういいかい もういいかい ねえあたしはあたしを発明したいの縫って歪んだ おニューなキメラ期待+プレッシャーが 設計図だった吸って作った おニューなキメラ いつも通りじゃ厭厭ってまた駄々捏ねて新しいのも嫌嫌ってまたやり直すんだ どうしたいかは あたしが握ってるんだっけどうしたいかは あたしが選んでいいんだっけ お、いいねいいねすぐさまイキっていく感じでもさ見せすぎはまじで要注意だよじれったいくらいが抜群だよ ねえあたしはあたしがもう解らないの変わって仕舞った おニューなキメラ滲んだ模様は メッセージだった望んで作った おニューなキメラ いつも通りじゃ厭厭ってまた駄々捏ねて新しいのも嫌嫌ってまたやり直すんだ 1, 2, 3, 4 ポップにキメるのはもういいかい もういいかい1, 2, 3, 4 ロックにキメるのはもういいかい もういいかい ねえあたしはあたしを発明したいの縫って歪んだ おニューなキメラ期待+プレッシャーが 設計図だった吸って作った おニューなキメラ ねえあたしはあたしがもう解らないの変わって仕舞った おニューなキメラ滲んだ模様は メッセージだった望んで作った おニューなキメラ いつも通りじゃ厭厭ってまた駄々捏ねて新しいのも嫌嫌ってまたやり直すんだ 1, 2, 3, 4 どっちに転ぶかはもういいかい どうでもいいかい

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – グッバイ宣言 (Goodbye Declaration)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – グッバイ宣言 (Goodbye Declaration)” Official Lyrics 和楽器バンド「グッバイ宣言」歌詞 1 2 エマージェンシー 零時 奴らはクレイジー・インザ・タウン 家に籠ってゴロゴロ ゴロゴロと堕楽の夜に 絡みついた ルルル 放つ言葉は ルルル 腐っていた正論も常識も 意味を持たない都会にサヨウナラ! 引きこもり 絶対 ジャスティス 俺の私だけの 折の中で聴き殺してランデブー 俺の私の音が キミに染まるまで引きこもり 絶対 ジャスティス 俺の私だけの 折の中で聴き殺してランデブー 俺の私の音を キミが包むだけWowow 時がきた今Wowow エゴ放つのさWowow 家に籠って 狂い咲く エマージェンシー 零時 流石にクレイジーな計画はお陀仏グルグル グルグルと世界は変わらず廻っていたルルル キミの視線が ルルル ぼやけて尽きるマリオネットな感情に 気付いてしまった 相も変わらずJamる街止まぬNervousに 拐われないで 引きこもり 絶対 ジャスティス 俺の私だけの 折の中で聴き殺してランデブー 俺の私の音が キミに染まるまで引きこもり 絶対 ジャスティス 俺の私だけの 折の中で聴き殺してランデブー 俺の私の音を キミが包むだけWowow 時がきた今Wowow エゴ放て恥を捨てられる 家に狂い咲け

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ド屑 (Dokuzu)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ド屑 (Dokuzu)” Official Lyrics 和楽器バンド「ド屑」歌詞 待ったをかけた ちょっと考えた馬鹿な女 まんまと掛かっただからどうした?自ら望んだと言ってんじゃん待ったをかけた ちょっと考えた少々ちょっと考えたからだからどうした?お望み通りの末路です! なんでなんでなんでなんでなんでなんでなの どういうつもりなんでなんでなんでなんでなんでなぁんだ そんなもんかド屑 まぁそういうもんか そういうもんだきっとそうだ 違いないまぁそういうもんか そういうもんだきっとそうだ 絶対にまぁそういうもんか そういうもんだきっとそうだ 違いないまぁそういうもんか そういうもんだきっとそうだ 違いないの違いないよ 絶対 待ったをかけた ちょっとためらった確かにためらったなんだかなぁ なんだかなぁこういうことではない待ったをかけた ちょっとためらったなんだ なんだ なんなんだ あなただから だからこんなことは望んでないから なんでなんでなんでなんでなんでなんでなの どういうつもりなんでなんでなんでなんで黙って私に従って 黙って私に従って黙って私に従って従え 従え 従って君に一切の拒否権ないよ黙って従って黙って私に従って従え 従え 従ってお願い お願い お願い お願い 黙って私に従って黙って私に従って従え 従え 従って従え 従えって言ってんの黙って私に従って黙って私に従って従え 従え 従ってお願い お願い お願い お願いお願い お願い お願い お願いお願い

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – ベノム (Venom)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – ベノム (Venom)” Official Lyrics 和楽器バンド「ベノム」歌詞 アアア…足りないもの なーんだ 僕らの人生正解どこなんだ 探せよ探せ(例外ない 二進(にっち)も三進(さっち)も 零下以内なら 劣化以外ない)ああ正味クソゲーだ カラ空回(からまわ)れ アアア…倦怠モード「苦(く)」だ 僕らの人生校内猛毒だ 屈めよ屈め(盛大KNIGHT 和気あいゴッコは成敗DIE by 生産性ない)ああ後悔もう「独(どく)」だ 笑えよ笑え 心のレシピは かまちょ味寂(みじゃく)ジャンキーだんだん強がって ドロドロに伏すドクドク呑み込んで 苦しんで泣いて吐き出せないの ベノベノムさよなラ あらま求愛性 孤独 ドク 流(なが)るルル(愛をもっと)頂戴な ねえ痛い痛いのとんでけ存在感 血ドクドク 零(こぼ)るルル(無いの?もっと)愛(愛)哀(哀)叫ベベベノム (めっ!) アアア…最高点ゼロだ 僕らの人生断然テンションLOWだ 屈めよ屈め(ロンリィNIGHT テッペン回って 狼狽ない脳内HOPEもう一回(もっかい))ああオーバードーズ刑だ アガれよアガれ 心の中身は 無理オブ無理ジャンキーどんどん強がって バラバラに伏すドクドク呑み込んで 苦しんで泣いて逃げ出せないの ベノベノム あらま求愛性 孤独 ドク 流(なが)るルル(愛をもっと)頂戴な ねえ痛い痛いのとんでけ存在感 既読 ドク 欲しがルル(無いの?もっと)愛(愛)愛(愛)滅べベベノム (めっ!) もう悪性 届く毒 回るルル(哀でもっと)傷害な ねえ痛い痛いのSick(シク) Sick(シク)存在抹消毒ドク 消えるルル(無いのずっと)愛(愛)哀(哀)愛(愛)哀(哀)(愛)求愛性 孤独 ドク 流(なが)るルル(愛をもっと)頂戴な ねえ痛い痛いのとんでけ存在感 血ドクドク 零(こぼ)るルル(無いの?もっと)愛(愛)哀(哀)叫べベベノム 叫べベベノム 叫べベベノム (めっ!)

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 天ノ弱 (Amanojaku)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 天ノ弱 (Amanojaku)” Official Lyrics 和楽器バンド「天ノ弱」歌詞 僕がずっと前から思ってる事を話そうか友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた 今日はこっちの地方はどしゃぶりの晴天でした昨日もずっと暇で一日満喫してました別に君のことなんて考えてなんかいないさいやでもちょっと本当は考えてたかもなんて メリーゴーランドみたいに回る僕の頭ん中はもうグルグルさ この両手から零れそうなほど君に貰った愛はどこに捨てよう?限りのある消耗品なんて僕は要らないよ 僕がずっと前から思ってる事を話そうか姿は見えないのに言葉だけ見えちゃってるんだ僕が知らないことがあるだけで気が狂いそうだぶら下がった感情が 綺麗なのか汚いのか 僕にはまだわからず捨てる宛てもないんだ言葉の裏の裏が見えるまで待つからさ待つくらいならいいじゃないか 進む君と止まった僕の縮まらない隙を何で埋めよう?まだ素直に言葉に出来ない僕は天性の弱虫さ この両手から零れそうなほど君に渡す愛を誰に譲ろう?そんなんどこにも宛てがあるわけないだろまだ待つよ もういいかい

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – Surges

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – Surges” Official Lyrics 和楽器バンド「Surges」歌詞 流れ続く空と日々の狭間に形のない今日をそれでも進む何も知らぬ朝と清かな風に息を繋ぐ僕らの声は何を望む?迷っていた君に届かない言葉はいつだって単純で目指していた明日に届かない心が僕らには最高で わかっていたって諦め切れない心の奥がまだ燃えていて何もないなんて謂えない僕ら大人になる前の延長戦足を踏み出したその先の空を駆け上がる僕らの日常が願った未来を越える未来まで止まらぬ僕たちの最高を目指して征く 君に届かない言葉はいつだって単純で目指していた明日に届かない心がいつまでも燃えていて描いた未来が昨日になるまで止まらぬ僕たちの熱情が「踠いていたって何も掴めない光が僕らには上等!」なんて歌っている 流れ続く空と日々の狭間に形のない今日をそれでも進む行方のない朝の穏やかな風に涙滲む僕らの声は何を望む?迷っていた君に届かない(誰も何もかも知り得ない)言葉はいつだって単純で(願っていた明日に届かない心は)君も知らぬ君はいつだってそこにいつだってその先を目指している わかっていたって諦め切れない心の奥がまだ燃えていて望まぬ未来がそこにあったって進む僕たちは最高を目指して征ける 言葉にならない心の全部を燃やしてゆけ踠いていたって何も掴めない光が僕らには上等だ!って目指していた 誰も知り得ない夜明けを僕たちは越えてゆけ描いた未来のその先の空を貫く僕たちの”最高”を目指して征け

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – アイデンティティ (Identity)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – アイデンティティ (Identity)” Official Lyrics 和楽器バンド「アイデンティティ」歌詞 あ、ちょっと君に伝えたい何かがあったような けったい真逆の踊るベールサカサマだと知って 好意とは魅惑のプログラムただ差し詰めここから行き着くは愛 アイデンティティ それは嗜好のアイデンティティアイデンティティ 唸れ 君一人のせい まだ捨てないで待って それは一つ二つのデスティニー繋げてハッピー 落ちる 流れ星と歪なあの星 重なる面影に寄り添う そっと君に寄り添う弾けだす視界 胸に飛び込むハート 光るあなたのアイデンティティ 難儀プライド飛び込めデンジャラス さっと羽ばたく強気な狂気とそんで裏切り お涙頂戴 ランブラララto足取りデンジャラス 背後隠れた二人にフォーカスやっと見つけた 不思議の正体 きっと恋とは真逆のプログラムただ差し詰めここから行き着くは アイデンティティ それは希望のアイデンティティアイデンティティ 唸れ 君一人のせい まだ捨てないで待って それは一つ二つのデスティニーすぐさまハッピー 落ちる 流れ星と歪なあの星 重なる面影に寄り添う そっと君に寄り添う弾けだす視界 胸に飛び込むハート 刻むあなたのアイデンティティ

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – 紅一葉 (Crimson Leaf)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – 紅一葉 (Crimson Leaf)” Official Lyrics 和楽器バンド「紅一葉」歌詞 風に揺らいで ひらり舞い散る君の肩ごしに紅一葉ただ寄り添えば わかりあえると悲しみは空に消えるだけ 月明かり照らしてた遠くの笛の音 御神楽太鼓ありふれた幸せは思えばこんなに素敵でした いつか話そう 出会えた喜び淡い愛しさ 知らずにいた 風に揺らいで ひらり舞い散る君の肩ごしに紅一葉ただ寄り添えば わかりあえると悲しみは空に消えるだけ 穏やかに迫りくる季節は朧げ 誘いし火影躓いて迷いながら進んでゆくのも悪くないよ 今を漂い 願いよ届けと絶えた祈りを 重ねるだけ 忘れられない 思い出がある君の肩ごし 桜紅葉強く儚く 世界を埋めてこの愛を 永久に捧ぐ 風に揺れて ひらり舞い散れ今宵闇夜を 紅く染めてただ寄り添って 抱かれていたい悲しみが空に 消えるまで

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – いーあるふぁんくらぶ (Ii Aru Fanclub)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – いーあるふぁんくらぶ (Ii Aru Fanclub)” Official Lyrics 和楽器バンド「いーあるふぁんくらぶ」歌詞 神戸中央区元町。(駅前)今日から ドキドキニイハオハンユー講座大人、中高生、おばちゃんに「こんにちわ」「ダメダメここではあなたも “你好”!」 マジで。テキスト三ページ(早くも)ここはとにかく羞恥心に勝つぞ一万三千円の月謝は(安くない)好好大家 ご機嫌いかが 『お母さん お馬さん』(媽 馬)『ここはどこ 君は誰』(你是誰阿)大好きなワン・リーホンに大好きだって言うため ハイハイチャイナ ちょちょ夢心地いーあるふぁんくらぶだんだん君と同じ言葉が使えるねうぉーあいにー 言えるかな ハイハイチャイナ ちょちょ夢心地いーあるふぁんくらぶだんだん君と同じ言葉が使えるね ハイハイチャイナ ちょちょ夢心地いーあるふぁんくらぶだんだん 君の伝えたい気持ちがわかってくうぉーあいにー 言わせてよ うぉーあいにー 言えるかな

Read More »

和楽器バンド (WagakkiBand) – エゴロック (Ego Rock)

Letra “和楽器バンド (WagakkiBand) – エゴロック (Ego Rock)” Official Lyrics 和楽器バンド「エゴロック」歌詞 腑抜けた心にI need you 噂のアルカロイドあだ名はネットの髑髏 かき鳴らせディストーション付け焼き刃の侍が 乱れ打つ散弾銃悲劇の歴史で踊ろうか ほらテンテコへンテコ舞 僕の心はエゴロック斜め45度ナンセンスノウハウ砕いてマンネリを明日にバイバイバイ媚びへつらうその姿 吐き気の空模様シニカルな視線の雨 今日も両目を塞ぐふり おちゃらけ頭にI need you 巷のアルカロイドあの子も流行のインスタントショー 撒き散らせDIDうだつが上がらぬ侍が 未来断つ哀悼歌無残な歴史で歌おうよ ほらチャンチャラナンチャラ舞 ロックな心で生きようか 真夏並みHotなミュージックハウツー砕いて丸書いて 明日もワッハッハ洒落臭さも癖になる はみ出し者だろリリカルな視線の雨 今日も両目を開くふり 透明な感情は染まるだけさ だったら見て見ぬふりする奴らを押し出せ 人生かけても負けそうです 勝ち負け取り憑かれナンセンス1分砕いて常識を 未来にSay goodbye 僕の心はエゴロック斜め45度ナンセンスノウハウ砕いてマンネリを明日にバイバイバイ媚びへつらうその姿 吐き気の空模様シニカルな視線の雨 今日も両目を塞ぐふり(1.2.3)ふぁっきゅー

Read More »